Article

請求代行・決済代行のお役立ち記事

請求業務に関連するお役立ち情報を掲載しています。

売掛金の未回収リスクが大きいと、資金繰りの悪化や利益の減少を招き、金融機関からの評価も落ちる傾向があります。本記事では売掛金の未回収が引き起こす影響や対策を紹介します。

不良債権は回収不能になった、または回収できない可能性が高い債権です。本記事では代表的な不良債権の例や不良債権比率、回収が困難なケースなどを解説します。

与信管理は専門の審査部以外にも、総務部や経理部、営業部でも行われます。与信管理の目的や業務手順、行う部署について解説します。

ブラックリスト入りすると、与信審査によって融資やローン、クレジットカードの作成が難しくなります。信用情報機関に事故情報が登録されると被るデメリットや掲載期間について解説します。

与信調査とは、取引相手の信用度や支払い能力を調べる調査です。信用調査や企業調査と呼ばれることもあります。実施方法や調査内容などを説明します。

決済代行会社は各決済会社への申し込みや契約、導入後のセキュリティ管理などを代行するサービスです。決済代行を利用するメリットやデメリット、失敗しないサービスの選び方を解説します。

インボイス制度の施行に伴い、買い手側の事業者は取引先に対して適格請求書発行事業者への登録を行うか確認し、登録番号が記載されたインボイスを保存する必要があります。インボイス制度の施行前に各事業者が取り組むべきことをまとめました。

適切な与信管理は企業間同士の掛け取引において不可欠なことです。今回は与信管理の具体的な方法や与信限度額を決める基準、注意点について解説します。

経理業務のペーパーレス化が進む理由とメリット、注意するポイントについてまとめました。また、これから経理業務のペーパーレス化を導入する場合の手順も説明します。

信用調査とは、安心して取引を実施するために行われる調査のことです。与信調査とも呼ばれます。信用調査で確認される項目や流れについて説明します。

督促状とは、期限が過ぎた未払金に対して支払いを促すための書面です。督促状が持つ効果や含めるべき内容、受け取ったときの対応を説明します。

請求業務を自動化したい場合、請求代行サービスや支援ツールの活用がおすすめです。請求関連業務の課題や自動化の方法、ツールの選び方を紹介します。

売掛金回収ができないときの確認ポイントや、具体的な回収方法をケース別に紹介します。また、売掛金の未払いが生じないようにするコツも説明します。

請求書電子化のメリットを、発行側と受領側に分けて紹介します。また、電子化に使うシステムを選ぶときに注目したいポイントについても説明します。

請求書を電子化することには、発行側・受領側双方にメリットがあります。それぞれのメリットを解説し、電子化に切り替える手順や注意点も説明します。

インボイス制度の施行により、要件に沿った「適格請求書」の発行が必要です。課税事業者と免税事業者に分けて、記載の仕方や対応方法を説明します。

与信管理とは、信用取引のリスクを軽減するための業務です。具体的にはどのような業務を指すのか、そもそも与信管理はなぜ大切なのかについて説明します。

適格返還請求書とは、商品の返品や値引きがあったときに発行する書類です。発行するケースと不要になるケース、また、具体的な作成方法を説明します。

インボイス制度には罰則があります。罰則を受けるケースと適用される罰則についてまとめました。また、罰則を受けないためにできることも紹介します。

請求書をペーパーレス化(電子化)することでコスト削減などのさまざまなメリットがあります。注意点やペーパーレス化を進める手順もあわせて説明します。

取引先・顧客に対して決済方法の選択肢を増やすことが、売上増につながる場合があります。利用できる種類やそれぞれの特徴、メリットについて解説します。

バックオフィス業務とは、総務・経理や人事などの顧客や取引先と関わることが基本的にはない業務のことです。効率化するためのポイントをまとめました。

口座振替とは、取引先や顧客の口座から自動的に利用料金を引き落とすことです。口座振込との違いやメリット、利用できる状況について解説します。

督促とは、期限までに約束が実行されていないときに相手に注意喚起することを意味する言葉です。今回は、催促との違いや督促状の書き方などを解説します。

内容証明郵便とは、一般書留の文書の内容や誰から誰あてに差し出されたかなどについて日本郵便が証明するサービスです。効力や使用場面、出し方を解説します。

回収代行サービスを利用することで、売掛先からの代金回収がスムーズに進みやすくなります。他のメリットや注意点についても解説します。

BtoBの取引をする中で、決済代行サービスを利用することがあります。仕組みやメリット、注意点についてまとめて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

簡易課税制度とは消費税の仕入税額控除を簡単に計算するための仕組みです。具体的にどのように計算するのか、また、注意点について解説します。

仕入税額控除とは、仕入れにかかった消費税を差し引いて計算することです。仕組みや具体的な計算方法、また2023年10月1日から始まるインボイス制度により何が変わるのかについても解説します。

請求業務には、請求書発行、送付、入金消込、場合によっては督促などの多くの業務が含まれます。業務の流れを紹介し、どのような課題があるか、またその課題を解決する方法も紹介します。

集金回収代行サービスとは集金回収業務を請け負うサービスです。どのような業界で利用されることが多いのか、利用するメリットや注意点についてまとめました。また集金回収代行サービスを選ぶ基準についても紹介します。

区分記載請求書等保存方式がインボイス制度導入までの経過措置として実施されています。区分記載請求書とは何か、インボイスとは何が異なるのか、制度の変更により業務にどのような違いが生じるのか解説します。

債権回収が難しいときには、代行サービスの利用を検討できます。債権回収代行サービスに委託するメリットと注意点、流れについて解説するので、ぜひ参考にしてください。また、どのようなケースにおいて代行サービスを利用すべきかについても紹介します。

請求漏れを防ぐためにはどのような対応が必要かまとめました。請求漏れによって引き起こされることや、そもそもの原因についても解説します。

電子請求書を利用することで得られるメリットや注意点、適用される法律などについてまとめました。また、電子帳簿保存法の改正に対して、どのような対応が必要かについても解説します。

2023年に迫ったインボイス制度への対応には、ツールの導入を検討するのがおすすめです。今回は、インボイス制度の概要や見直しが必要になるシステム、制度に対応したシステムやツールを利用するメリットなどをご紹介します。

インボイス制度の正式名称は「適格請求書等保存方式」です。取引の透明性を高め消費税額を正確に把握するために、2023年から導入されます。今回は制度導入後の対応や重要性、メリット・デメリット、導入に向けた注意点を解説します。

適格請求書とは消費税についての詳細情報が記載された請求書のことです。2023年10月から始まるインボイス制度に向けて、知っておきたいことをまとめました。適格請求書の作成方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

2023年10月から始まるインボイス制度において、領収書やレシートはどのような意味を持つのでしょうか。インボイス制度における領収書の書き方や注意点、法改正のポイントについて解説します。

請求書を入れる封筒にはいくつかのビジネスマナーが存在し、意外と正しいマナーを知らないというケースは少なくありません。本記事では請求書の封筒の書き方やマナー、「請求書在中」と記載することの必要性について解説します。

証憑(しょうひょう)とは取引が成立したことを証明する書類のことで、ビジネスにおいては頻繁に用いられます。証憑を発行する目的や種類、保存期間、また電子化することで得られるメリットや注意点についても解説します。

入出金管理とは、経理業務の一つである、出納業務のことです。今回は、具体的にはどのような仕事が含まれるのか、また、適切に行うことでどのようなメリットが得られるのかを解説します。

売掛金・未収入金・未収収益の違いがよくわからず、迷ったことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は未収入金・売掛金・未収収益の違いについてわかりやすく解説いたします。

皆さんの中には、請求書を発行するときに、印鑑をどうすればいいのか迷ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は印鑑の種類や押し方についても解説いたします。

請求書には正確な書き方や確認事項、目的などが多々あります。今回は、請求書が必要な理由や必須項目、請求書の書き方や請求書を作る際に使うものなどについてわかりやすく解説します。

入金遅延は、会社の経営にまで影響を与えることもあり、適切かつ迅速な対応が求められます。今回は、入金遅延の対応方法について解説いたします。

売掛金が回収できなくなった場合に、時効期間はあるのか、あるとすればどのくらいの期間なのか、気になる担当者の方もいらっしゃるでしょう。本記事では、売掛金の時効期間と時効の更新措置についてわかりやすく解説します。

企業間で売掛金の未入金が発生し、再三入金を求めたにもかかわらず入金してもらえない場合に催告書を送付することが多いと思います。本記事では、催告書を作成する際の注意点や文例について解説します。

企業間で新規取引先を開拓する際は、与信審査が必要です。与信審査を行うことで売掛金の未回収リスクを低減させることができます。本記事では、与信審査で確認すべきポイントを解説します。

企業間決済にはいくつかの方法があります。それぞれの決済サービスにおいてどのようなメリットや特徴、注意すべきポイントがあるのか見ていきましょう。2022年施行の改正電子帳簿保存法への対応についても解説します。

売掛金はサービスや商品の提供後に受け取る対価のことです。今回は売掛金の定義や仕訳例、管理のポイント、回収できない場合の対応などを解説します。

資金繰りの状況判断に必要な指標として、仕入債務と売上債権の回転期間があります。本記事では、仕入債務と売上債権の回転期間を見る方法や計算方法について解説します。

掛売り取引中心の企業間取引において、債権管理と与信管理は欠かせません。本記事では、債権管理と与信管理の違いや、効率化させる方法を解説します。

利用者からも企業からも人気の継続課金システムについて、種類や導入方法などを解説します。

商品を確認した後に料金を支払う後払い決済は、購入者が安心して使用できる決済方法のひとつです。後払い決済を導入する前に確認しておきたい、仕組みやメリット、デメリットについて解説していきます。

多くの企業間取引で掛け売りでの取引が採用されている中、売掛金の回収が経営の観点から極めて重要になります。今回は、売掛金の回収の際に必要な「入金管理」の具体的な流れと一般的な課題、効率化の方法についてお伝えします。

取引先からの入金を受けて、請求内容に対して正しい入金かの確認を行う業務が「消し込み(入金消込)」という業務です。今回は、消し込みの具体的な流れと一般的な課題、効率化の方法についてお伝えします。

与信調査は企業間取引において、重要な役割を担っています。本記事では、与信調査の概要や具体的な方法、調査のポイントをご紹介します。

会社業務の中でも重要な入金管理は、自動化することで業務効率化につながります。今回は、入金管理の方法や注意点、自動化する方法について解説します。

請求業務はどうしても時間がかかる業務です。そのため、最近ではクラウド請求書(Web請求書)にシフトしている企業が増えています。今回は、クラウド請求書について解説します。

掛取引のように入金までにタイムラグがある場合、売上額が増加するのに比例して未回収となるリスクも増加します。このようなリスクを防ぐため、取引先ごとに「与信限度額」を設定しておく必要があります。今回は、この「与信限度額」について詳しくご紹介します。

請求書原本の保管方法や、2022年(令和4年1月1日)から施行される電子帳簿保存法についてご紹介します。

請求書を作成する際の消費税の記載方法について、2023年(令和5年)10月1日から開始されるインボイス制度の導入時に気を付ける点と合わせてご紹介します。

請求書払いは、商品やサービスの引き渡し後に請求書を送付し、支払を求める決済手段です。今回は請求書払いのメリットやデメリット、業務の流れについて解説します。

締め日とは請求期間の締め切り日であり、企業間で取引を始める際に双方で取り決めが必要です。締め日のルールや決め方、取引先から締め日の変更を求められたときの対応について解説します。

債権管理には、取引先企業の支払い能力を見極める「与信管理」、売掛金が発生した後の「入金確認」、入金が遅れた場合の「督促」の3つの業務があります。債権管理の具体的な流れと課題、効率化の方法についてお伝えします。

請求書と領収書はどちらも代金の支払いに関する書類です。具体的にどのような違いがあるのか、代わりに使えるのかなどについて解説します。

督促状とは何か、督促状の基本的な書き方と送付のタイミングなど、督促状に関する情報をご紹介します。

売掛金回転期間を正しく把握することは、企業の資金繰りをスムーズに行う上で重要なポイントです。企業の資金繰りに大きな影響を与える売掛金回転期間の見方や計算方法、課題への対策などをお伝えします。

2023年10月1日より導入される「インボイス制度」の基本と、インボイス制度で何が変わるのか、2023年の導入までにどのような対策が必要なのか解説します。

「掛け払い」サービスについての仕組みやメリット・デメリット、また「後払い」との違いについて解説します。請求代行サービスの選び方についてもご紹介します。

「口座振替」は公共料金や税金の支払い方法として多くの方になじみがある支払い方法です。本記事では、BtoB取引での口座振替の基礎知識や注意点をお伝えします。

信用調査とは、企業が取引する際に取引相手としての信頼性を調査することで、与信調査とも呼ばれます。今回は、信用調査と売掛金未回収リスクを回避する方法をお伝えします。

売掛金を回収できないときは相殺可能な債権で対応できることがあります。その他の対応方法や手順、回収不能の事態を回避する方法について紹介します。

企業間の取引などで行われる「掛売り」とは?掛売りのメリット・デメリット、掛売りのデメリットを回避するために利用したいサービスについて紹介します。

中小企業にとって与信管理は重要な業務です。なぜ重要なのか、またどのような課題があるのか紹介し、具体的な実施方法についてまとめて解説します。

企業間で掛け取引をする場合、与信審査が重要になるため正しい理解が必要です。この記事では、与信審査の意味やメリット、注意点をご紹介します。

企業の経理・請求業務で重要なもの1つに「入金消込」(にゅうきんけしこみ)があります。「入金消込」の基本と効率的に入金消込をする方法をお伝えします。

請求代行サービスには様々な種類がありますが、与信業務に時間を省く必要がなくなり、資金繰りが安定するなどの理由から「入金保証」があるものを利用するのがおすすめです。

請求事務でミスをすると、修正作業や請求先への説明に時間を取られてしまうので注意が必要です。今回は、起こりやすいミスや回避方法、対応法について紹介します。

決済代行サービスのメリットを、導入時と運用時に分けて解説します。また、決済代行サービスの仕組みや選び方についてもまとめて紹介します。

請求代行サービスを比較する際にチェックしたい手数料の詳細や、請求業務代行サービスの選び方のポイントを紹介します。

請求書は気を付けていても、金額や発行日で間違いが起こりやすい書類です。請求書を間違えて送付した後の再発行の手順、お詫び状の書き方について解説します。

幅広い業種業態のクライアントと取引をする場合は、請求金額の保証がある請求代行サービスの利用がおすすめです。

取引先が多い・経理担当者が少ないなど、消込業務の負担が大きい場合は、請求代行サービスの利用がおすすめです。請求書の発行・発送といった面倒な作業も代行してくれます。

請求代行サービスとファクタリングのそれぞれの特徴、どちらのサービスを利用すべきかを説明します。

サービスを受けた後に代金を支払う「売掛払い(後払い)」のメリットとデメリットを解説します。また、掛け払いのデメリットを解消する3つの方法(与信管理・売掛保証・ファクタリング)を紹介します。

請求代行サービスを利用すると、請求書の発行や送付だけでなく、回収・督促までトータルで依頼ができます。メリットやサービスの選び方を紹介します。

違いがわかりにくい請求代行と決済代行の2つについて解説します。主に請求代行は与信審査〜請求書発行・発送~入金管理の手続きを減らすことができるもので、決済代行は決済・回収を担当します。

請求代行サービスとは、請求書の発行から送付、未払いの取引先への督促までトータルで請け負うサービスです。メリットや選び方を説明します。

人事・会計・決済など様々なSaaSが普及しているなか、請求・決済業務のSaaSも存在します。これらを利用するメリットにはどんな物があるかをご紹介します。

請求書の基本的な保存期間と保存方法についてお伝えします。受領した場合と、発行した場合に分けてみていきましょう。

「請求業務代行サービス」が代行する5つの機能・与信審査・請求書の作成/送付・管理画面からの請求・入金状況の確認・未入金時の連絡・未入金時の保証を、弊社「マネーフォワード ケッサイ」を例に紹介します。

BtoB(企業間)の請求業務では、後払いのリスクや業務負荷に悩む企業が多くあります。 そのような悩みの解決におすすめなのは「請求代行サービス」の導入です。

新型コロナウィルス(COVID-19)流行拡大に伴う緊急事態宣言を機に、多くの企業でテレワークが導入されています。請求業務をペーパーレス化する方法について解説します。

企業経営者・役員、経理・財務会計部門担当者1000人を対象にしたアンケートからなど、直接は聞きづらい他社の請求業務の事情をご紹介します。

企業間決済代行サービスを導入すると請求管理を一元化でき、業務の効率化を図れます。他のメリットや注意点、またサービス会社の選び方も解説します。

与信管理は、掛取引を行う上で欠かせない業務です。なぜ与信管理が重要なのか、また管理のコツや担当部署についてまとめて紹介します。

民法の一部が 124 年ぶりに改訂されたことによって、売り手となる中小企業や個人事業主にとって決済方法の選択肢が広がるなど、メリットが多くなる内容 になりました。

  • Money Forward Kessai 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスについて
  • インボイス制度・電子帳簿保存法への取り組みについて詳しくはこちら
  • 3分でわかる!サービス紹介資料 企業間後払い決済・請求代行サービス ダウンロードはこちら

おすすめ記事