Article
請求代行・決済代行のお役立ち記事
与信審査とは?確認すべきポイントや代行サービスの利用メリットまで解説

与信審査とは?確認すべきポイントや代行サービスの利用メリットまで解説

#与信
#請求代行

企業間で新規取引先を開拓する際は、与信審査が必要です。企業間取引は掛売り取引がメインとなりますが、与信審査を行うことで売掛金の未回収リスクを低減させることができます。

しかし、与信審査を難しいと感じる企業担当の方もいらっしゃるでしょう。そこで本記事では、与信審査で確認すべきポイントを解説します。与信審査についてお悩みの方はぜひ、本記事を参考にしてください。

目次

与信審査とは

与信審査とは、取引先に関して、返済能力を始めとした信用度を審査することです。与信審査を行わないと、売掛金の未回収リスクが高い企業との取引も増えてしまう可能性があります。そのため、多くの企業では新規取引を始める前に与信審査を行っています。

与信審査を行うメリットは、未回収リスクを低減させた上で信頼できる会社とのみ取引することが可能となる点です。未回収リスクをゼロに近づけることは、会社経営の安定化にも影響します。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

与信審査のポイント

与信審査で確認すべき主なポイントは、次のとおりです。

定性情報

定性情報とは「簡単に数値で表すことができない情報」を意味します。定性情報の例としては、代表者情報、株主情報、企業の風評などが挙げられます。そのため、分析方法を一定化できず悩む方もいるでしょう。これらの情報は、官公庁が公開している情報の調査や、インターネット検索による調査が可能です。さらに詳しく調査したい場合は、直接訪問する直接調査や裏付けを取る側面調査などが必要です。

定量情報

定量情報とは、主に決算書の分析により得ることが可能な情報です。そのため、決算書を入手して分析する必要があります。ただし、決算書でわかる情報は限られています。決算書上は優良に見える企業が倒産する、という黒字倒産の例もあるため注意が必要です。決算書を見るときは、キャッシュフローにも注目するとよいでしょう。

与信審査の具体的な方法についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
https://mfkessai.co.jp/kessai-article/credit-survey

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

与信審査を含む請求業務代行サービスの内容

与信審査には手間やコストがかかります。取引先を増やすごとに、自社で与信審査を行うことは大変な負担です。また、企業の経営状況は時間に応じて変わるため、与信審査には定期的な見直しも必要不可欠です。加えて、取引先が増えれば増えるほど、請求書の発行や入金管理の対応にも追われることになります。

もし、与信調査をはじめとする請求業務を自社で行っており、本業を圧迫している場合や、事業の急成長に伴ってバックオフィスの人員が足りなくなっている場合には、請求代行サービスの利用を検討してはいかがでしょうか。

ここで、代行サービスの具体的な業務内容を簡単にご紹介します。

取引先の与信審査

代行サービスを使えば、与信審査を迅速に進めることができます。また、与信情報は代行サービスの一環でその都度更新されるため、経営状態の変化にも対応できることがメリットです。

取引先宛の請求書発行

取引先に対し請求書の発行・発送業務を行います。

取引先による支払いの有無を管理

未入金のチェックが遅れると収支計画に大きく影響しかねません。スピードが求められる作業でも、代行サービスならば遅れることなく支払いの有無を管理します。

取引先未入金分も含めた一括入金

売掛金の未入金が発生した場合には、督促状の発行を始めとしたさまざまな業務が必要です。また、未入金により資金繰りが困難になることもあるでしょう。このような場合には、入金保証のある代行サービスを利用することで、不安を解消することができます。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

請求業務代行サービスを用いることのメリット

請求業務代行サービスを利用するメリットを解説します。

業務の効率化につながる

請求業務には時間やコストがかかります。また、未入金が発生した場合はさらに多くの時間を費やすことになります。しかし、代行サービスを利用することにより、業務を代行してもらえるため業務効率化につながります。これまで請求業務に費やしていた時間を、他の業務時間に振り分けることが可能です。

新規の取引先を獲得しやすくなる

社内の与信審査基準の設定が厳しすぎるため、ビジネスチャンスを逃している会社もあるでしょう。一般的に与信通過率の高い代行サービスを利用すると、これまでと比較してより多くの新規取引先が獲得できるようになる可能性があります。

売掛金未回収リスクが低減できる

請求代行サービスを選ぶ際には、与信審査通過済みの取引で売掛金が未回収となった場合において、100%の入金保証を行っている会社を選ぶとよいでしょう。そのようなサービスを利用することで、売掛金未回収のリスクが低減できます。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

まとめ

取引先の返済能力などの信用度を審査する与信審査は、売掛金未回収のリスクを低減するためにも欠かせません。

自社で与信審査を行うには、ある程度のノウハウが必要であり、手間やコストもかかります。与信審査に慎重になるあまり審査基準を厳しくすると、ビジネスチャンスを失うことにもつながるため注意が必要です。

マネーフォワードケッサイでは、与信審査・請求書の発行発送・入金管理・未入金フォローなど、請求に関わるすべてのプロセスを代行します。難しい与信審査をプロに任せることで、安心してビジネスを行うことが可能になります。与信審査でお悩みの方は、請求業務代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」の利用を検討してはいかがでしょうか。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

「請求代行」お役立ち資料ダウンロード

請求業務の効率化に役立つ資料や「マネーフォワード ケッサイ」のサービス紹介資料を用意しています。

ダウンロードする

タグ一覧

  • 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスMoney Forward Kessai サービスについてはこちらから
  • Money Forward Kessaiのインボイス制度への取り組みについて

おすすめ記事