CASE

活用事例

マネーフォワード アーリーペイメントを利用して
事業成長につなげた事例をご紹介。

CASE 01

新規顧客開拓が積極的に進み、順調に売上を拡大中

調達金額

約1.4億円

業種

広告代理業

従業員数

50名~100名

規模

中堅企業

調達金額

約1.4億円

ご活用の背景

積極的に案件を受注したいが、広告費用が前払いとなるため、資金繰りに窮し、案件受注に踏み切れないことが多かった。

短期の資金需要をすぐに手当てできる手段を探していた。

資金に関わることなので信頼できる企業を探していた。

ご活用の効果

案件の入金タイミングが早めることで資金を確保でき、積極的な案件受注が可能になった。

申請から5~10営業日と最低限の手間で迅速な資金調達が可能になった。

上場グループの企業なので信頼して継続利用できている。

CASE 02

資金に余裕ができ、実績もでき、他大手企業の案件を受注出来た

調達金額

約5千万円

業種

映像制作

従業員数

10名~30名

規模

スタートアップ

調達金額

約5000万円

ご活用の背景

大手企業からの案件を受注できているが、入金までの期間が長く、資金繰りに苦労している。

資金繰りにて手間と時間を大きく取られており、本業に集中できていない。

手間はかけたくないもの、可能な限りコストを抑えて資金を調達したかった。

ご活用の効果

6か月以上先の案件の入金を早期化でき、資金繰りが改善した。

金融機関の融資を比較して最低限の手間と時間で調達できた。

他のファクタリングサービスに比べても、手数料率が最も安く利用できた。

CASE 03

開発スピードも上がり、競合に負けず、販路を拡大中

調達金額

約4千万円

業種

ハードウェア開発

従業員数

10名~30名

規模

スタートアップ

調達金額

約4000万円

ご活用の背景

会社の売上が順調に伸びる中、融資と合わせてより迅速な資金調達手段が必要だった。

案件の単価は高い一方で、入金までに外注費やスタジオ費用等が発生、資金繰りに課題があった。

創業から日が浅いため、金融機関からの融資では調達額に限界があった。

ご活用の効果

依頼から最短2営業日での迅速な資金調達が可能になった。

発注段階案件でも早期入金が可能なため、資金繰りの課題が解決した。

金融機関より柔軟な審査により大きめの金額の調達も楽に行うことができるようになった。