Article
請求代行・決済代行のお役立ち記事
請求代行の具体的なサービス内容とメリット・デメリット

請求代行の具体的なサービス内容とメリット・デメリット

請求業務を効率化できる請求代行サービスが注目されています。この記事では、請求代行サービスとは何か、また請求代行の具体的なサービス内容、メリット・デメリットを説明します。導入時に比較するポイントも紹介しますので、導入検討中の場合はぜひ参考にしていただきたいです。

目次

請求代行サービスとは

請求代行サービスとは、請求書の作成、取引先への発送から、入金確認や入金消込、未回収時の督促など、請求関連の業務を請け負うサービスのことです。また、取引先の与信審査や未入金時の入金保証も可能なサービスもあります。

請求代行サービスを利用することで、請求に関わるさまざまな業務の負担がなくなり、本業に専念できるようになるでしょう。また、定額課金サービスやサブスクリプションサービスの請求業務にも対応しているものもあり、幅広い業界で利用可能です。

企業間請求代行サービス『マネーフォワード ケッサイ』は、与信審査から請求書の作成業務、入金確認、未改修時の督促までワンストップで対応しています。また、与信審査を通過したものに関しては100%入金保証(※)も実施しており、未回収リスクの軽減と安定したキャッシュフローを実現します。
※表明保証違反が審査通過後に発覚した場合等、例外的な場合は対象外です。

マネーフォワード ケッサイについて詳しくはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

請求代行サービスの内容

まず、請求代行がどんな仕組みのサービスなのかを説明します。

請求書の作成~発行〜発送を代行

請求代行に依頼すると、請求書の作成から発行・発送までを行ってくれます。

代金回収~消込作業を代行

請求先から代金回収を行い、請求内容と入金金額が一致しているか照合し、消込業務までを依頼できます。

与信業務~与信枠の設定

請求代行では、万が一請求先から回収できない場合には保証をしてくれるものもあります。その場合、与信審査や月々に取引可能な与信枠の設定まで任せることが可能です。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

請求代行を導入するメリット・デメリット

請求代行を導入するメリット・デメリットをそれぞれの視点から説明します。

メリット

まずは、メリットの紹介です。

請求書発行の手間を省ける

まず、請求書を発行する手間を省けるのは大きなメリットといえます。請求書を発行する際は、金額や取引内容を確認しながら間違えがないように作成し、それを請求先に送付する必要があります。特に、取引先が多い場合には請求書の発行だけで時間を取られてしまうこともあるでしょう。

また、人が手作業で行えばどんなに注意していてもヒューマンエラーが生まれる可能性は避けられません。その結果、請求漏れが発生してしまうこともあります。請求代行に依頼すれば、手間を省けるだけではなく、ミスも減らすことができます。

売掛金の回収も任せることができる

売掛金の回収をして、それを売掛金と照合するのも手間ですし、金額相違のミスが起こりやすいです。例えば、売掛金と入金された金額を目視で確認して、本当は正しい金額が入金されていないのに気づかないこともあるでしょう。売掛金より実際に入金された金額が少なければ、企業として損失を抱えることになります。請求代行に依頼すれば、確実に消し込みをしてくれるので、このような問題が起こらず安心です。

売掛金未回収の場合でも入金保証がある     

万が一、請求先から売掛金を回収できない場合に備えて保証があります。例えば、新しくできたばかりの会社と取引を行う場合、支払いに対する不安はつきものです。このようなケースでも請求代行に任せれば、安心して取引が行えます。

デメリット

では、請求代行を利用するデメリットはあるのでしょうか?

取引先に説明が必要

請求代行を利用する場合、入金先が請求者ではなく請求代行会社になります。そのため、取引先にきちんと説明しなければ、「知らない会社から請求書が来た」     と思われてしまうリスクがあります。特に、直接取引していたものが途中から請求代行に変われば、余計に不審に思うでしょう。請求代行を利用することに決めたら、「請求管理を効率化したいから利用する」などと取引先にはきちんと説明すべきといえます。

請求代行サービスを提供している企業は取引先説明用資料を用意しているケースが多いので、相談してみるといいでしょう。

費用がかかる

請求代行を利用する際には費用がかかります。業務効率化ができてメリットを感じるのであれば導入がおすすめですが、コストが負担になり過ぎないか、事前にシミュレーションを行いましょう。

▼企業間後払い請求代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」‍
https://mfkessai.co.jp/kessai/top

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

請求代行で比較すべきポイント

最後に、請求代行を導入する際に比較したいポイントを紹介します。

利用する際のコスト

利用する際のコストは必ず各社で比較しましょう。導入するにあたり、月額料金・初期手数料・請求書発行手数料などがかかる可能性があります。例えば、月額料金は安くても請求書発行の手数料が高いと、取引先が多いほど負担になります。

----------
請求代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」の料金はこちら
https://mfkessai.co.jp/kessai/price

与信の上限額

与信の上限ができれば取引できる額に制限ができてしまいます。上限額の設定が低いと取引がしにくくなる可能性があるので注意です。

売掛金が未回収時の保証内容

売掛金が未回収時の保証がある請求代行サービスがほとんどですが、全額カバーしてくれるかなど確認しましょう。

様々な業種に対応しているか

様々な業種に対応していて、取り扱い実績が豊富かは確認すべきです。請求書の内容などをカスタマイズできるか、複数税率にも対応しているかなども確認した方がいいでしょう。

請求書の発行以外の業務も任せられるか

請求代行で、請求書の発行だけを代行するサービスもあります。回収・消込・与信・保証まで依頼したい場合には、そのようなサービスも提供しているか確認すべきです。合わせて、与信審査に関して、個人事業主や企業以外の法人にも対応しているかなども確認しましょう。

自社のシステムと連携できるか          

請求代行サービスは顧客情報を管理する基幹システムや、受発注管理システム、また会計ソフトと連携することで受注から会計処理まで一気通貫で自動化を進めることができるため、システム間連携を行うケースが多いです。そのため、APIが公開されているか、自社で利用しているシステムと連携実績があるかなど確認するようにしましょう。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

請求代行の導入がおすすめな企業

請求代行サービスは、次のいずれかに該当する企業におすすめです。

  • 請求業務が多く本業に専念できない
  • 取引先を拡大したい
  • 集金がスムーズにできない取引先がある

請求代行サービスを導入することで、与信審査から請求書の発行、発送、入金確認などの請求関連の業務にかける時間と手間を省くことができます。請求業務により本業に支障が出ている企業であれば、請求代行サービスの導入は検討するべきといえるでしょう。

また、忙しくなりがちな締め日や入金日も余裕を持って迎えることができます。請求業務や集金業務で残業が多くなっている企業であれば、働き方改革の実現にもつながるでしょう。

取引先を拡大したい企業にも請求代行サービスの導入がおすすめです。取引先を拡大すると、その分、請求業務や集金業務が増えますが、請求代行サービスを導入している場合であれば業務負担はほとんど増えません。

集金がスムーズにできない取引先に悩んでいる企業、あるいは未回収リスクが気になり取引先を拡大しづらく感じている企業にも、請求代行サービスがおすすめです。請求代行サービスは集金業務や督促にも対応していることが多いので、個々の取引先と連絡を取り合う必要もなくなります。

企業間請求代行サービス『マネーフォワード ケッサイ』は100%入金保証(※)にも対応しているため、集金がスムーズにできない取引先があっても資金繰りに影響が及びません。未回収リスクが気になる企業様もぜひご検討ください。

※当社所定の条件を満たした場合に限ります。

マネーフォワード ケッサイについて詳しくはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

請求代行サービスの導入事例

どの請求代行サービスを導入するか迷ったときは、各サービスのホームページで公開している事例をチェックしてみてください。同じ業界や類似する悩みを持つ企業の事例を参考にすることで、自社に合うサービスか判断しやすくなります。

ここでは、企業間請求代行サービス『マネーフォワード ケッサイ』を導入された企業様の事例をいくつか紹介します。

キンコーズ・ジャパン株式会社様

フランチャイズ加盟店が増え、請求業務への対応に悩んでいたキンコーズ・ジャパン株式会社様では、マネーフォワード ケッサイの請求代行サービスの導入により業務負担の大幅な軽減を実現されています。また、与信審査も一括で任せたことで小規模事業者との取引が可能になり、取引先の幅も大きく広がりました。

詳細はこちら

株式会社New Innovations様

AIやロボットを活用したプロダクトの開発やDX支援を行う株式会社New Innovations様は、取引事例が少なく与信管理が難しい業界との取引を行ううえで、貸し倒れへのリスクを抱えておられました。マネーフォワード ケッサイの請求代行サービスを導入することで、貸し倒れの不安を解消し、事業の拡大に向けた業務に集中できるようになったと報告されています。また、導入後に取引を10倍以上に拡大されましたが、請求業務に対応する人員は一切増えていないそうです。

詳細はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

まとめ

請求代行サービスを利用することにより、請求業務を効率化し、未回収リスクを回避できるといったメリットがあります。様々なサービスがありますので、今回紹介した比較ポイントをチェックし、貴社にあったサービスの導入をしてください。

▼企業間後払い請求代行サービス「マネーフォワードケッサイ」
https://mfkessai.co.jp/kessai/top

▼「マネーフォワード ケッサイ」の料金・プランはこちら
https://mfkessai.co.jp/kessai/price

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

FAQ

Q 与信管理とは?

A

与信管理とは、取引先の信用状況や売上債権を管理することです。例えば、取引先の信用状況を把握し、取引をするかどうか、あるいはどの程度の規模の取引をするか決めることなどを指します。

Q 与信管理はなぜ必要?

A

与信管理が必要な理由として、以下の点が挙げられます。
・資金繰りを安定させるため
・利益を確保するため
・連鎖倒産を防止するため

Q 信用リスクって何?

A

信用リスクとは、取引先が倒産し、売上債権の回収ができなくなるリスクのことです。損失につながるため、信用リスクを常に意識した取引が必要になります。

Q 請求代行サービスのメリットは?

A

請求代行サービスを利用するメリットは、信用リスクを減らすことができる点です。万が一売掛先企業が貸し倒れてしまい、売掛金が回収できなくなったとしても、請求代行サービスが売掛金を保証します。これにより、新規の取引先を開拓しやすくなることが期待されます。

Moner Forward Kessai

【監修】マネーフォワードケッサイ株式会社

請求業務に関するお役立ち情報を、マネーフォワードケッサイ株式会社が提供いたします。マネーフォワード ケッサイは、掛け売りに必要な与信審査・請求書の発行発送・入金管理・未入金フォローなど、請求にかかわるすべてのプロセスを代行する企業間請求代行・決済代行サービスです。

受賞歴:ITreview Grid Awardにて、最高評価である「Leader」を受賞

関連記事

振替とは?振込との違いやメリット、利用をおすすめする業種を紹介

振替とは?振込との違いやメリット、利用をおすすめする業種を紹介

請求書の封筒の書き方とは?封筒の選び方や請求書の折り方まで解説

請求書の封筒の書き方とは?封筒の選び方や請求書の折り方まで解説

「請求代行」お役立ち資料ダウンロード

請求業務の効率化に役立つ資料や「マネーフォワード ケッサイ」のサービス紹介資料を用意しています。

この記事を読んだ方におすすめの資料

請求業務の見直しで売上アップを図るコツ請求業務の見直しで売上アップを図るコツ

請求業務の見直しで売上アップを図るコツ

サービス資料サービス資料

「3分でわかる マネーフォワード ケッサイ」 サービス紹介資料

  • Money Forward Kessai 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスについて
  • インボイス制度・電子帳簿保存法への取り組みについて詳しくはこちら
  • 3分でわかる!サービス紹介資料 企業間後払い決済・請求代行サービス ダウンロードはこちら

おすすめ記事