Article

請求代行・決済代行のお役立ち記事(請求書)

請求業務に関連するお役立ち情報を掲載しています。

区分記載請求書等保存方式がインボイス制度導入までの経過措置として実施されています。区分記載請求書とは何か、インボイスとは何が異なるのか、制度の変更により業務にどのような違いが生じるのか解説します。

請求漏れを防ぐためにはどのような対応が必要かまとめました。請求漏れによって引き起こされることや、そもそもの原因についても解説します。

電子請求書を利用することで得られるメリットや注意点、適用される法律などについてまとめました。また、電子帳簿保存法の改正に対して、どのような対応が必要かについても解説します。

2023年に迫ったインボイス制度への対応には、ツールの導入を検討するのがおすすめです。今回は、インボイス制度の概要や見直しが必要になるシステム、制度に対応したシステムやツールを利用するメリットなどをご紹介します。

インボイス制度の正式名称は「適格請求書等保存方式」です。取引の透明性を高め消費税額を正確に把握するために、2023年から導入されます。今回は制度導入後の対応や重要性、メリット・デメリット、導入に向けた注意点を解説します。

適格請求書とは消費税についての詳細情報が記載された請求書のことです。2023年10月から始まるインボイス制度に向けて、知っておきたいことをまとめました。適格請求書の作成方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

2023年10月から始まるインボイス制度において、領収書やレシートはどのような意味を持つのでしょうか。インボイス制度における領収書の書き方や注意点、法改正のポイントについて解説します。

請求書を入れる封筒にはいくつかのビジネスマナーが存在し、意外と正しいマナーを知らないというケースは少なくありません。本記事では請求書の封筒の書き方やマナー、「請求書在中」と記載することの必要性について解説します。

証憑(しょうひょう)とは取引が成立したことを証明する書類のことで、ビジネスにおいては頻繁に用いられます。証憑を発行する目的や種類、保存期間、また電子化することで得られるメリットや注意点についても解説します。

皆さんの中には、請求書を発行するときに、印鑑をどうすればいいのか迷ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は印鑑の種類や押し方についても解説いたします。

請求書には正確な書き方や確認事項、目的などが多々あります。今回は、請求書が必要な理由や必須項目、請求書の書き方や請求書を作る際に使うものなどについてわかりやすく解説します。

企業間決済にはいくつかの方法があります。それぞれの決済サービスにおいてどのようなメリットや特徴、注意すべきポイントがあるのか見ていきましょう。2022年施行の改正電子帳簿保存法への対応についても解説します。

請求業務はどうしても時間がかかる業務です。そのため、最近ではクラウド請求書(Web請求書)にシフトしている企業が増えています。今回は、クラウド請求書について解説します。

請求書原本の保管方法や、2022年(令和4年1月1日)から施行される電子帳簿保存法についてご紹介します。

請求書を作成する際の消費税の記載方法について、2023年(令和5年)10月1日から開始されるインボイス制度の導入時に気を付ける点と合わせてご紹介します。

締め日とは請求期間の締め切り日であり、企業間で取引を始める際に双方で取り決めが必要です。締め日のルールや決め方、取引先から締め日の変更を求められたときの対応について解説します。

請求書と領収書はどちらも代金の支払いに関する書類です。具体的にどのような違いがあるのか、代わりに使えるのかなどについて解説します。

2023年10月1日より導入される「インボイス制度」の基本と、インボイス制度で何が変わるのか、2023年の導入までにどのような対策が必要なのか解説します。

請求書の基本的な保存期間と保存方法についてお伝えします。受領した場合と、発行した場合に分けてみていきましょう。

  • Money Forward Kessai 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスについて
  • インボイス制度・電子帳簿保存法への取り組みについて詳しくはこちら
  • 3分でわかる!サービス紹介資料 企業間後払い決済・請求代行サービス ダウンロードはこちら

おすすめ記事