Article
請求代行・決済代行のお役立ち記事
請求書の未入金・未払いに対する支払いの催促方法とは?催促状の例文も紹介

請求書の未入金・未払いに対する支払いの催促方法とは?催促状の例文も紹介

請求書の未入金や未払いは、企業の財務管理において避けられない問題です。本記事では、請求書の未入金・未払いが発生する原因や防止策、効果的な催促方法について詳しく解説します。請求業務の効率化にお役立てください。

目次

請求書の未入金・未払いはなぜ発生するのか

請求書の未入金・未払いは、企業の資金繰りに大きな影響を与える深刻な問題です。単純なミスから取引先の意図的な行為まで、さまざまな要因が考えられます。

未入金・未払いの根本的な原因を理解することは、効果的な対策を講じる上で非常に重要です。ここでは、請求書の未入金・未払いが発生する主な次の3つの理由について詳しく解説します。

  • 請求書の内容・送付に関するミス
  • 取引先の失念やミス
  • 取引先の意図的な未払い

請求書の内容・送付に関するミス

まず相手を疑う前に、自社にミスがないかを確認しましょう。最初に、受注した案件の情報が正しく連携され、請求書が発送されているかどうかを確認します。

また、誤って別の取引先に請求書が送付されていないかといった点にも注意が必要です。同時に、請求書に記載した日付や支払期限に誤りがないかどうかも確認しましょう。これらの点に問題なければ、自社によるミスの可能性は低いと判断できます。

取引先の失念やミス

自社側に不備がなく、請求書が確実に届いている場合、未入金・未払いの原因は取引先のミスである可能性が高まります。よくあるケースとしては、請求書が経理担当に渡されていない、入金日の失念、請求書の誤廃棄などが考えられます。

しかし、取引先のミスであることを理由として高圧的な態度で対応することは避けるべきです。誰にでもミスは起こりうるという認識を持ち、冷静かつ迅速に対応することが重要です。

具体的には、入金されていない事実を丁寧に伝え入金可能な日程を確認するなど、建設的なコミュニケーションを心がけましょう。

取引先の意図的な未払い

まれなケースですが、取引先が意図的に支払いを拒否しているケースもあります。意図的な支払拒否は、取引先の資金繰りの悪化貸し倒れなどが原因であると考えられます。

このような状況に直面した場合、単なる催促では不十分な場合があり、より強力な手段を講じなければなりません。具体的には、正式な督促状の送付や、場合によっては法的措置の検討も必要です。

取引先が倒産してしまえば、代金回収はほぼ不可能です。日頃から取引先の経営状態を注視し、早期に問題を察知する姿勢が求められます。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

請求書の未入金・未払いに対しての催促方法

請求書の未入金・未払いに直面した際、適切な催促方法を知ることは非常に重要です。効果的な催促は未回収金を最小限に抑え、企業の健全な資金繰りを維持するために不可欠であるといえるでしょう。

ただし、取引先との良好な関係を損なわないよう、慎重かつ段階的なアプローチが求められます。ここでは、未入金・未払いに対する5つの具体的な催促方法について順を追って解説します。

  1. 請求書の内容や送付に関して不備がないか確認する
  2. 相手先にメール・電話で連絡する
  3. 催促状の作成・送付を行う
  4. 督促状の作成・送付を行う
  5. 法的措置を検討する

これらの手順を理解し、状況に応じて適切に実践することで、未払い問題の解決につなげていきましょう。

1.請求書の内容や送付に関して不備がないか確認する

請求書の未入金・未払いの原因として、自社側の不備も考えられます。とくに注意すべき3つのミスは「宛先間違い」「日付の記載ミス」「送り忘れ」です。

宛先間違いは、取引先が多い場合や大企業の支店を相手にする際に発生しやすく、念入りな確認が必要です。

日付の記載ミスは、入金期日に影響を与えます。たとえば、請求日を1日間違えただけでも入金が1か月遅れてしまうケースもあるため注意しましょう。

請求書の送り忘れは、とくに繁忙期に起こりやすいミスです。作成と送付の担当者が別の場合は、ダブルチェックをすることでミスを減らせます。

2.取引先にメール・電話で連絡する

自社に不備がないことを確認後、まずメールで取引先に連絡しましょう。メールは催促の証拠が残り、文面に配慮することにより高圧的な印象を与えないため、相手の心理的負担を軽減できます。とくに取引先が、単なるうっかりミスで入金を忘れている場合などに適しているでしょう。

電話は、「言った・言わない」のトラブルを招く可能性があるため、メールでの催促に応じなかった場合に使用しましょう。メールを送ってから2~3日経っても返信がない場合は、そのタイミングで電話をかけます。

3.催促状の作成・送付を行う

メールや電話での連絡が効果的ではない場合、次の手段として催促状を用意します。催促状は、支払期日を過ぎても入金がない事実を相手に伝え、支払いを促す書面です。法的拘束力はありませんが、未払いの事実と入金要請を明確に伝えられます。

効果的な催促状には、具体的な日付を記載することが重要です。たとえば、「〇日に連絡をしたが、いまだに入金の確認が取れていない」事実や、支払いを促す「〇日までにご連絡もしくは入金をお願いします」といった文言を含めます。

4.督促状の作成・送付を行う

催促状を送っても入金がない場合、次のステップは督促状です。督促状は催促状よりも厳しい要求として認識されます。督促状の基本的な内容は催促状と同様ですが、より強い効果を持たせるために「内容証明」での送付をおすすめします。

内容証明は、書面の送り主・宛先・内容・受取日などを証明する郵便サービスです。内容証明が届くことにより、相手は「受け取っていない」という言い訳ができなくなります。心理的な効果と同時に、有力な証拠としても機能します。

参考:日本郵便株式会社「内容証明」

5.法的措置を検討する

督促状を送付しても支払いがない場合には、法的措置を検討しましょう。選択肢は「裁判所からの支払督促」「民事調停の申し立て」「強制執行の申立て」「少額訴訟」などです。これらの手続きには専門知識が必要なため、弁護士への相談が望まれます。

ただし法的措置によって、取引先との継続的な関係が損なわれることは覚悟しなければならず、また、弁護士費用など経済的負担も無視できません。法的措置は、最終手段として慎重に検討するようにしましょう。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

催促状・督促状の記載項目

催促状や督促状は、未払い金の回収を促すための重要な文書です。これらの文書を作成する際には、必要な情報を漏れなく、かつ適切に記載することが不可欠です。

正確で効果的な催促状・督促状は、未払い問題の迅速な解決につながり、取引先との良好な関係を維持しながら自社の権利を主張できます。

ここでは、催促状・督促状に記載すべき各重要項目について詳しく解説します。

発行日

催促状・督促状には作成日または送付日を明記することが重要です。これは、現時点での支払い遅延を正確に伝えるためであり、また将来的な手続きの際に催促状や督促状を特定するためにも必要です。

催促・督促の時点を明確にすることにより、支払遅延が経過している事実を明確に示すことを可能にし、債権者と債務者双方においても状況の経緯の把握やそれに基づく適切な対応ができます。

表題

表題とは、書類のタイトルを指し、どのような書類であるかを明確にするために書面の一番上に記載します。「催促状」や「督促状」などの表題は、書類の内容を一目で相手側に理解してもらうための重要な表記です。

催促状・督促状の発行は、担当者の個人的な判断ではなく、会社の正式な決定に基づいて行いましょう。また、最初の段階では「お支払のお願い」などの穏やかな表現を用いることが望まれます。

繰り返し送付しても相手からの反応がない場合には「催促状」や「督促状」と明記し、相手に支払いの責任を自覚させることが重要です。

差出人

「催促状」や「督促状」の差出人情報は、単に個人名を記すだけでは不十分です。会社名、所属部署、役職など、詳細な情報を明記することが重要です。これにより、督促が個人的な行為ではなく、組織を代表して行われていることを明確に伝えられます。

さらに、上司の記名と押印も加えることで督促の正当性と重要性が強調され、支払い遅延の問題に対する会社全体の姿勢を明確に伝えられます。

宛先

催促状や督促状を送付する際、宛先の正確な記載は非常に重要です。会社名、部署名、担当者名を明確に記載することで、確実に相手に届くようにしなければなりません。宛先を間違えると、会社の信用問題に発展する可能性があるため、郵送前に細心の注意を払い確認しましょう。

具体的な担当者が分かっている場合は、会社名・部署名・役職名・担当者名を漏れなく記載します。一方、特定の担当者が不明な場合や、会社全体に対して督促を行う場合は「株式会社〇〇御中」のように会社名に「御中」を付けて記載します。

支払いの要求

催促状や督促状の本文である要求内容部分では「請求日時」「請求内容」「支払期限」「振込状況」など、重要な情報を明確に記載します。ただし、表現には十分な配慮が必要です。「すぐに入金してください」のような直接的な要求は避け、相手の感情に配慮した丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

【例文】
○年○月○日付で弊社から請求いたしました○○の代金○○円(税込)につきまして、お支払い期日の○年○月○日を過ぎて1週間が経過した現在も、いまだにお振込みを確認できておりません。つきましては、○年○月○日までに、以下の口座にご入金いただきますようお願い申し上げます。

なお、本状と行き違いでお振込みいただきました場合は、あらかじめご容赦くださいますようお願い申し上げます。


効果的なアプローチとしては、事実を客観的に述べつつ、入金を促す穏やかな表現で記載することです。また「なお、本状と行き違いでお振込みいただきました場合は、あらかじめご容赦くださいますようお願い申し上げます。」といった文言を加えることで、誤解や重複払いの可能性にも配慮していることを示しておきましょう。

法的手段の告知

催促状や督促状に対して適切な対応がなされない場合、最終的には法的手段に移行する旨を通知する必要があります。記載例は、以下のとおりです。

【例文】
先日お送りした催促状にて、○○の代金○○円(税込)につきまして、令和○年○月○日までに代金のお支払いをお願いしましたが、いまだに入金が確認できておりません。

誠に遺憾ではございますが、強制執行を含む法的手段の検討を進めております。未払いの代金に加え、遅延損害金や再請求手数料、延滞利息もあわせてご請求させていただくことをご了承ください。


遅延損害金や再請求手数料、延滞利息についても明確に記載しておきましょう。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

催促状・督促状の例文

督促状の作成に特定の規則はありませんが、債務者に明確に伝わる文章であることが重要です。文章の作成にあたっては、相手の立場を考慮し、丁寧かつわかりやすい表現を心がけましょう。

また、ここでも相手に高圧的な態度をとることは避けるべきです。過度に強い表現を用いると、脅迫と受け取られ、相手が必要以上に警戒心を抱く可能性があります。そのため、誠実な対応を基本とし、必要な情報のみを事務的に記載するようにしましょう。

一般的な未払金に対する催促状と督促状の文面の例文を紹介します。

【催促状の例】

令和〇年〇月〇日
(債権者側の社名、部署)
(債権者側の責任者名、押印)

(債務者側の社名や部署名、担当者名) 様
※担当者が不明な場合は「様」ではなく「御中」を記載

催促状(または「お支払のお願い」)

拝啓
御社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より格別のお引き立てを賜り御礼申し上げます。

さて、○年○月○日付で弊社から請求いたしました○○の代金○○円(税込)につきまして、お支払い期日の○年○月○日を過ぎて1週間が経過した現在も、いまだにお振込みを確認できておりません。つきましては、○年○月○日までに、以下の口座にご入金いただきますようお願い申し上げます。

お支払いの期限を過ぎていると思われますため、お手間をおかけしますが早急にお支払いをお願いいたします。

また、大変恐縮ではございますが、お支払いいただける日についてのご連絡をいただけると幸いです。ご多忙のところ、ご迷惑をおかけいたします。

なお、本状と行き違いでお振込みいただきました場合は、あらかじめご容赦くださいますようお願い申し上げます。


敬具


催促状や督促状に対して適切な対応がなされない場合、最終的には法的手段に移行する旨を通知する必要があります。この場合のテンプレートは、以下のとおりです。

令和〇年〇月〇日
(債権者側の社名、部署)
(債権者側の責任者名、押印)

(債務者側の社名や部署名、担当者名) 様
※担当者が不明な場合は「様」ではなく「御中」を記載

督促状

拝啓
御社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より格別のお引き立てを賜り御礼申し上げます。

さて、先日お送りした催促状にて、令和○年○月○日までに代金のお支払いをお願いしましたが、いまだに入金が確認できておりません。お手間をおかけしますが早急にお支払いをお願いいたします。

つきましては、△月△日までにお支払いを確認できない場合は、誠に遺憾ではございますが、強制執行を含む法的手段の検討を進めております。未払いの代金に加え、遅延損害金や再請求手数料、延滞利息もあわせてご請求させていただくことをご了承ください。

なお、本状と行き違いでお振込みいただきました場合は、あらかじめご容赦くださいますようお願い申し上げます。


敬具


関連記事:督促状とは?書き方やテンプレート、送付の流れを解説

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

未払いを起こさないためのポイント

請求書の送り漏れやミスを防ぐためには、現状の業務フローや管理体制を見直すことが必要です。

ここでは、具体的な方法と期待される効果を解説します。

現状の業務フローや管理体制を見直す

請求書の送り漏れやミスを防ぐには、業務フローの見直しが必要です。具体的には、以下の対策があげられます。

  • マニュアルの作成
  • 従業員ごとの役割の明確化
  • 請求書のダブルチェック
  • 入金や進捗のチーム内共有
  • 請求書業務の外注

とくに重要なのは、関連部署内での情報共有です。情報共有により、請求書の送付状況を適切に管理できるため、未払いが発生した際の原因特定も容易にできます。

また、ミスの早期発見と迅速な対処を可能にする環境整備も不可欠です。チェック体制の再構築や社員間のコミュニケーション強化などが効果的な方策でしょう。

取引先の与信管理を徹底して行う

未回収金は企業の財務健全性を脅かし、回収業務による従業員の負担を増大させます。与信管理を通じて取引先の支払能力を事前に評価することにより、これらのリスク軽減が可能です。

与信管理の実践方法にはさまざまなアプローチがあります。たとえば「取引先との直接対話」「財務状況の詳細な分析」「オンラインでの評判調査」「専門機関による信用調査の依頼」などです。これらの手法を組み合わせることで、取引先の信用度を多角的に評価できます。

また、与信管理は一度だけではなく、継続的に行うことが重要です。初回取引時だけでなく、取引関係が続く限り定期的に実施することで、取引先の経営状況の変化にも迅速に対応できます。

与信管理の徹底は、新規取引の獲得に一定の制約を課す可能性はありますが、未払いリスクの大幅な低減という利点が上回ります。企業の長期的な財務安定性を確保するためには、継続的かつ綿密な与信管理が不可欠です。

請求業務を効率化できるツールを導入する

請求業務を効率化できるツールを導入することで、未払いリスクの低減が期待できます。そのほか、請求書の作成や送付も自動化するため、業務負担の軽減も目指すことができます。

また、支払期日のアラート機能や自動催促機能を備えたシステムもあり、未払いへの初期対応が可能です。これによりヒューマンエラーを減らし、自社原因の未払いリスクの低減が可能です。

さらに、請求業務の自動化で従業員はコア業務に集中でき、費用対効果も高まるでしょうコストはかかりますが、ミスの減少と工数削減のメリットがあるため、導入を検討する価値はあるといえます。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

まとめ

請求書の未入金・未払い問題は、請求書の内容や送付ミス、取引先の失念やミス、さらには意図的な未払いなどが原因で発生します。これらの問題に対処するためには、まず請求書の内容や送付に不備がないか確認することが重要です。その上で、相手先にメールや電話で連絡し、対応を促します。

未払いを防ぐためには、現状の業務フローや管理体制の見直しが必要です。また、取引先の与信管理を徹底することや、請求業務の効率化ツールを導入することも効果的でしょう。

これらの対策を講じることで、請求書の未入金・未払い問題を予防し、発生した場合でも迅速かつ適切に対応できます。適切な催促方法を実践し、未払いリスクを最小限に抑えていきしょう。

請求代行サービスは、ミスが起きやすい入金確認の作業を代行するため、ミスやストレスから解放され、入金確認業務を効率化できるでしょう。マネーフォワード ケッサイなら、掛け売りに必要な与信審査から請求書の発行発送・入金管理・未入金フォローなど、請求にかかわるすべてのプロセスを代行します。業務の効率化に、ぜひご活用ください。

▼企業間後払い決済・請求代行サービス『マネーフォワードケッサイ』
https://mfkessai.co.jp/kessai/top

▼プラン・料金はこちら
https://mfkessai.co.jp/kessai/price

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

FAQ

Q
A
Q
A
Q
A
Q
A
Moner Forward Kessai

【監修】マネーフォワードケッサイ株式会社

請求業務に関するお役立ち情報を、マネーフォワードケッサイ株式会社が提供いたします。マネーフォワード ケッサイは、掛け売りに必要な与信審査・請求書の発行発送・入金管理・未入金フォローなど、請求にかかわるすべてのプロセスを代行する企業間請求代行・決済代行サービスです。

受賞歴:ITreview Grid Awardにて、最高評価である「Leader」を受賞

関連記事

請求代行サービスの特徴と入金保証

請求代行サービスの特徴と入金保証

請求代行とファクタリングの違いは?

請求代行とファクタリングの違いは?

この記事を読んだ方におすすめの資料

サービス資料サービス資料

「3分でわかる マネーフォワード ケッサイ」 サービス紹介資料

請求業務の見直しで売上アップを図るコツ請求業務の見直しで売上アップを図るコツ

請求業務の見直しで売上アップを図るコツ

  • Money Forward Kessai 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスについて
  • インボイス制度・電子帳簿保存法への取り組みについて詳しくはこちら
  • 3分でわかる!サービス紹介資料 企業間後払い決済・請求代行サービス ダウンロードはこちら

おすすめ記事