Article
請求代行・決済代行のお役立ち記事
回収代行サービスとは?利用するメリットや注意点、選び方を解説

回収代行サービスとは?利用するメリットや注意点、選び方を解説

回収代行サービスとは、取引先から売掛金などの債権の回収を代行してくれるサービスです。利用することでどのようなメリットが得られるのか、何に注意すればよいのかをまとめました。サービス提供業者の選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

回収代行サービスとは

企業間の取引に多い掛取引。掛取引を行う場合は、商品やサービスを提供したときには代金を受け取らず、後日、売掛金を回収します。

事業者自身が回収業務を行なうこともできますが、取引先によって債権の回収方法や回収期限が異なるため、取引先が多い事業者であれば対応や管理に工数が掛かってきます。特に売掛金は月末などに回収期限が集中するため、担当する従業員の負担が大きく、場合によっては時間外労働が増えるなどのデメリットもあります。

また、取引先の中には期限に遅れたり、請求しても連絡がつかなかったりすることもあるかもしれません。そのような場合には電話や手紙、実際に取引先の会社に訪問するなどして督促を行いますが、スムーズに進むとは限らず、従業員にとっては工数がかかるうえ、精神的にも疲弊する業務となります。

回収代行サービスは、このような業務を代行し、売掛金などの債権を回収するサービスのことです。回収代行サービスに回収業務を一任すれば、忙しくなりがちな月末も余裕を持って迎えることができるでしょう。入金確認や督促などのストレスの多い業務からも解放され、従業員の心身の負担を軽減できます。

回収代行サービスの種類

回収代行サービスには、主に4つの種類があります。

  • 集金代行サービス
  • 決済代行サービス
  • ファクタリング
  • 債権保証サービス

回収代行業者がこれらのサービスすべてを扱っているわけではないので、依頼したいサービス内容を決めてから回収代行業者を選ぶようにしましょう。

集金代行サービス

集金代行サービスは、家賃や月謝のように、毎月決まった支払いが発生する取引に用いられています。

集金業務は、請求先が多いと請求書の発行や入金確認などに膨大な時間がかかることも少なくありません。集金代行サービスでは手間がかかる請求から集金までをワンストップで対応するため、依頼する事業者は関連業務にかかる手間を大幅に減らし、業務効率化を図ることができます。

決済代行サービス

複数の決済手段に対応することは、事業者にとって重要なポイントです。決済手段の方法が増えることはユーザーニーズに応えることにもなり、取引の機会を逃しにくくなるでしょう。

決済代行サービスとは、決済手段を提供する金融機関と決済サービスを導入したい事業者とをつなぐ代行サービスです。クレジットカード決済、電子マネー、コンビニ、口座振替などを組み合わせて、事業者が事業を展開しやすい環境づくりをサポートします。

また、BtoBの決済代行サービスには決済業務だけを代行するのではなく、与信審査・請求書の発行発送・代金回収・入金消込・未入金時のフォローまで代行するサービスもあります。このようなサービスを利用すると、回収業務の工数削減だけではなく、請求業務全体の工数削減につながります。

ファクタリング

ファクタリングとは、まだ入金されていない売掛金を買い取ってもらうサービスです。資金繰りが厳しく売掛金の入金日まで待つことができないときや、急な取引が発生し仕入れ代金が必要になったときなどに、ファクタリング会社に売掛金債権を売却して現金を受け取ります。

なお、ファクタリング会社への手数料が発生するため、売掛金よりは少ない金額を受け取ることになる点に注意が必要です。しかし、金融機関から融資を受ける場合とは異なり、審査が早い傾向にあることと、返済が発生しないため、以後の資金繰りに影響を及ぼしにくいというメリットがあります。

債権保証サービス

債権保証サービスとは、回収予定の取引先が倒産した場合などに利用できるサービスです。契約によって回収額の全額もしくは一部を保証してくれます。取引先の経営状態についてすべて正確に把握することは容易ではありません。債権保証サービスを利用し、万が一の事態に備えることができるでしょう。

なお、債権保証サービスには次の3つの種類があります。

  • 取引信用保険
  • 個別債権保証
  • 保証ファクタリング

取引信用保険とは、取引先からの代金回収が困難になったときに保険金で損害を補う保険会社のサービスです。基本的には売掛金全額が保証の対象となります。

個別債権保証は貸し倒れなどの損害を保証する保証会社のサービスです。取引や取引先ごとに契約することができるため、特定の取引先との間に売掛債権が複数あるときなどにも利用を検討できます。

保証ファクタリングとは貸し倒れなどの損害を補てんするファクタリング会社のサービスです。複数社まとめて契約することができます。

回収代行サービスが必要な業種・業態

月額料金が発生する業種などは、回収代行サービスの利用が必要といえるでしょう。特に取引先や集金先が多い場合は、回収代行サービスを利用することで、業務負担を大幅に軽減できます。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

回収代行サービスを利用するメリット

まずは回収代行サービスのメリットを理解し、利用価値があるのか考えてみましょう。主なメリットは次のとおりです。

  • 回収業務の負担がなくなる
  • 本業に専念できる
  • 資金繰りが安定し、取引を拡大しやすくなる

それぞれのメリットについて解説します。

回収業務の負担がなくなる

サービスによっては、請求書発行や送付から、入金確認や督促まで、ワンストップで対応している回収代行業者も少なくありません。このようなサービスを利用すれば、回収関連のさまざまな業務負担がなくなるだけでなく、督促などのトラブル対応も不要になります。

本業に専念できる

請求業務は月末などの特定の時期に偏る傾向にあります。従業員が少ない事業所や、取引先が多く経理担当者だけでは請求業務を行うことが難しいケースなどでは、本来の業務も行いながら請求や回収の業務をすることは大きな負担です。

しかし、回収代行サービスを利用するなら、忙しくなりがちな月末も本来の業務に専念できます。請求や回収業務のために時間外労働をするケースも減らせるため、働き方改革にもつながるでしょう。

資金繰りが安定し、取引を拡大しやすくなる

督促業務までワンストップで対応する回収代行業者に依頼すれば、未回収リスクが減り、資金繰りが安定します。また、与信審査にも対応している回収代行サービスを利用する場合であれば、新しい取引先を開拓しやすくなり、事業も拡大しやすくなるでしょう。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

回収代行サービスを利用する際の注意点

どの種類の回収代行サービスを利用する場合でも、サービスの種類や保証によって手数料が発生するため、回収代行サービスを利用しない場合と比べて、回収できる金額は減ります。メリットの多い回収代行サービスですが、利用の際にはいくつか注意すべきポイントがあります。特に次の2点には注意が必要です。

  • サービス内容を確認する
  • サポート内容を確認する

それぞれ具体的にどのような注意が必要か、わかりやすく解説します。

サービス内容を確認する

回収代行サービスごとに対応している内容が異なります。例えば、集金業務だけに対応している回収代行業者や、決済代行やファクタリングにも対応している回収代行業者もあります。

また、回収代行サービスの中には、入金保証に対応しているものもあります。入金保証とは、取引先が入金予定日に入金しなかった場合において、回収代行業者が入金予定額の支払いを保証するサービスです。入金保証に対応している回収代行業者に依頼すれば、取引先の経営状態が悪化した場合であっても安定した収入を確保しやすくなります。

このように、対応しているサービス内容が回収代行業者によって異なるため、実際にサービスを依頼する前に、どのようなサービス内容を利用したいのか明確にしておきましょう。どのサービス内容が必要か悩む場合は、直接回収代行業者に相談してみるのも一つの方法です。

企業間請求代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」では、回収代行サービスや請求代行サービスのご利用を検討している事業者様に資料をお送りしています。サービス内容についても詳しく紹介しているので、検討されている方は、ぜひご覧ください。

また、ご相談やお問い合わせにも対応しています。サービス内容や予算など、気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

無料資料ダウンロードはこちら
ご相談・お問い合わせはこちら
マネーフォワード ケッサイについて詳しくはこちら

サポート内容を確認する

回収代行業者によってサポート内容も異なります。トラブルが起こったときにすぐに連絡できるかという点も重要です。適切なタイミングで適切なサポートを受けるためにも、サポート内容を確認し、安心して利用できる回収代行業者を選びましょう。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

回収代行サービスを選ぶ際に注目したいポイント

回収代行サービスを実施している業者は多く、どの業者を選ぶか迷うこともあるかもしれません。まずはサービス内容とサポート内容に注目し、利用したいサービスすべてに対応しているか、必要なサポートをすべて受けられるかを調べましょう。

希望するサービス内容やサポートに対応している回収代行業者が複数あるときは、次のポイントに注目すると、より自社に合う業者を選びやすくなります。

  • 手数料
  • セキュリティ対策

それぞれのポイントについて解説します。

手数料

回収代行サービスを利用するときには手数料が必要です。手数料は依頼するサービスの内容やサポートの充実度によって異なりますが、回収代行業者によっても異なります。負担なく払えるか、候補となる回収代行業者の手数料を比較して検討してみましょう。

なお、手数料体系は1件あたりの料金が決まっているものと、回収を委託する金額に一律の割合をかけるものの2つが一般的です。

例えば、1件あたりの手数料が決まっている場合であれば、1件あたりの回収金額が高いときには割安ですが、回収金額が低めのときには割高に感じるかもしれません。一方、回収金額に一律の割合で手数料がかかる場合、1件あたりの回収金額が高いときは比例して手数料も高くなるため、負担が大きいと感じることがあるでしょう。

手数料だけでなく、別途月額料金や初期費用がかかることもあります。初期費用は1回だけの支払いですが、月額料金は手数料に加えて毎月支払うことになるため、負担が大きすぎないか確認しておきましょう。

セキュリティ対策

回収代行業者は、依頼主と取引先の重要情報を取り扱うことになります。情報が流出すると損害を負う可能性があるだけでなく、取引先からの信頼も失うことになりかねません。今まで築いてきた関係を守るためにも、セキュリティ対策が万全な回収代行サービスを選ぶようにしましょう。

企業間請求代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」は、外部からの不正ログインを防止するアカウントロックやアクセス制限で不正アクセスを防ぐIPアドレス制限、認証セキュリティを強化する2段階認証など、入金に関わる重要な情報を扱うための万全なサービスを提供しています。セキュリティ対策が気になる方は、ぜひお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

まとめ

回収代行サービスに依頼することで、手間がかかりがちな債権の回収業務を一任することができます。また、回収代行業者によっては、請求書発行や送付などの請求業務、入金されない場合の入金保証、新規取引先の与信審査などにも対応していることがあるので、必要なサービス内容やサポートを提供している業者を選ぶようにしましょう。

マネーフォワード ケッサイでは、与信審査から請求書発行、入金消込、督促まで決済に関わる業務をワンストップで対応しています。また、入金保証にも対応(※)しているため、取引先の拡大を目指す事業者様や未入金リスクを回避したい事業者様にもご利用いただけます。
※当社所定の条件を満たした場合に限ります。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

マネーフォワード ケッサイについて詳しくはこちら
マネーフォワード ケッサイの料金についてはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

FAQ

Q 与信管理とは?

A

与信管理とは、取引先の信用状況や売上債権を管理することです。例えば、取引先の信用状況を把握し、取引をするかどうか、あるいはどの程度の規模の取引をするか決めることなどを指します。

Q 与信管理はなぜ必要?

A

与信管理が必要な理由として、以下の点が挙げられます。
・資金繰りを安定させるため
・利益を確保するため
・連鎖倒産を防止するため

Q 信用リスクって何?

A

信用リスクとは、取引先が倒産し、売上債権の回収ができなくなるリスクのことです。損失につながるため、信用リスクを常に意識した取引が必要になります。

Q 請求代行サービスのメリットは?

A

請求代行サービスを利用するメリットは、信用リスクを減らすことができる点です。万が一売掛先企業が貸し倒れてしまい、売掛金が回収できなくなったとしても、請求代行サービスが売掛金を保証します。これにより、新規の取引先を開拓しやすくなることが期待されます。

Moner Forward Kessai

【監修】マネーフォワードケッサイ株式会社

請求業務に関するお役立ち情報を、マネーフォワードケッサイ株式会社が提供いたします。マネーフォワード ケッサイは、掛け売りに必要な与信審査・請求書の発行発送・入金管理・未入金フォローなど、請求にかかわるすべてのプロセスを代行する企業間請求代行・決済代行サービスです。

受賞歴:ITreview Grid Awardにて、最高評価である「Leader」を受賞

関連記事

請求代行とファクタリングの違いは?

請求代行とファクタリングの違いは?

インボイス制度に対応したツール導入の重要性とメリットを解説!

インボイス制度に対応したツール導入の重要性とメリットを解説!

「請求代行」お役立ち資料ダウンロード

請求業務の効率化に役立つ資料や「マネーフォワード ケッサイ」のサービス紹介資料を用意しています。

この記事を読んだ方におすすめの資料

決済代行・請求代行サービス比較決済代行・請求代行サービス比較

「請求代行サービス」選定5つの比較ポイント

請求業務の見直しで売上アップを図るコツ請求業務の見直しで売上アップを図るコツ

請求業務の見直しで売上アップを図るコツ

  • Money Forward Kessai 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスについて
  • インボイス制度・電子帳簿保存法への取り組みについて詳しくはこちら
  • 3分でわかる!サービス紹介資料 企業間後払い決済・請求代行サービス ダウンロードはこちら

おすすめ記事