Article
請求代行・決済代行のお役立ち記事
売掛金とは後日受け取る代金のこと!未収入金との違いや仕訳例を紹介

売掛金とは後日受け取る代金のこと!未収入金との違いや仕訳例を紹介

#売掛金
#掛け売り・掛け払い
#後払い

売掛金(うりかけきん)とは、サービスや商品の代金のうち、後日受け取るものを指す言葉です。継続的な取引がある相手との間で生じるもので、類似する勘定科目に未収入金や未収収益などがあります。それぞれの意味の違いや、具体的な仕訳例について見ていきましょう。

目次

売掛金とはまだ受け取っていない代金のこと

売掛金(うりかけきん)」とは、商品やサービスを提供したものの、まだ受け取っていない代金のことを指す勘定科目です。単なる後払いとは異なり、売掛金は取引先と継続的な取引を前提とした取引の中で発生します。

なお、後払いを前提として取引をすることを「掛け取引」と呼ぶことが一般的です。売掛金は掛け取引において生じる代金で、販売代金の未収分、サービス料金の未収分などが該当します。

未収入金との違い

営業以外の活動により生じた代金のうち、未収のものが「未収入金(みしゅうにゅうきん)」です。「未収金(みしゅうきん)」と表記することもあるので注意しましょう。

また、売掛金は営業活動によって発生した代金のうち、まだ受け取っていないものを指しますが、未収入金は営業活動以外で発生した代金であるという点が異なります。例えば、本業以外で備品などの資産を売却して、まだ代金を受け取っていない場合の代金は、未収入金の勘定科目で仕訳をすることが可能です。

未収収益との違い

未収収益(みしゅうしゅうえき)」とは、営業取引において生じた収益のうち、サービスの提供が終わっているのに代金が支払われていないものを指す勘定科目です。ただし、未収収益における取引は、一定の契約に基づいた継続的なサービス提供である必要があります。

例えば、家賃や受取利息、賃貸料などのうち、まだ支払いを受けていないものは未収収益です。売掛金は本来であれば払うべき時期ではあるものの支払っていない代金を指しますが、未収収益は支払いの期日がまだ到来していない点が異なります。

買掛金との違い

買掛金(かいかけきん)」とは、掛け取引において生じた代金のうち、支払っていないものを指します。売掛金のように将来的に受け取れる代金ではなく、支払いの義務がある代金のことです。

なお、買掛金と売掛金は、いずれも継続的な取引関係において生じた代金のため、信用取引に区分することができます。しかし、売掛金は売上債権ですが、買掛金は仕入債務です。区分けして管理しておきましょう。

立替金との違い

立替金(たてかえきん)」とは、本来は自分が支払うべき代金ではないにもかかわらず、一時的に支払っているものを指す勘定科目です。将来的に代金を受け取れるという点では売掛金と同じといえるものの、代金を支払った目的が異なる点に注意しましょう。

例えば、本来は相手側が負担する送料などを立て替えたときは、立替金として仕訳をすることができます。

仮払金との違い

仮払金(かりばらいきん)」とは、支払いはしたものの、使途が確定していないときに用いる勘定科目です。例えば従業員が出張する際にいくらか代金を支払ったときなどは、仮払金として仕訳をすることができます。交通費として使った、宿泊費や手土産代に使ったなどの使途が明確になってから、後で詳しく帳簿に記載できるでしょう。

なお、類似する勘定科目として「仮受金(かりうけきん)」があります。仮受金とは金銭は受け取ったものの、その内容が明確ではないときに用いることができる勘定科目です。何の代金であるか明確な売掛金とは異なり、仮払金も仮受金も使途が不明瞭なときに用います。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

売掛金の仕訳例

売掛金は、次の流れで処理をします。

  1. 売上の計上
  2. 入金確認
  3. 売掛金の入金消込(にゅうきんけしこみ)

商品やサービスを提供したときは、売上として計上します。出荷や引き渡し、取引先での検収時など、あらかじめ決めておいたタイミングで売上を計上すると同時に売掛金が発生したことを記帳しましょう。

支払期日に取引先からの入金を確認します。ただし、取引中の案件が複数あるときはまとめて入金されることもあるので注意しましょう。案件ごとに番号や入金額、取引内容などを確認し、漏れや重複がないか調べます。

正しく入金されていることを確認した後で、売掛金の入金消込を行いましょう。これは売掛金が正確に回収されたときに行う作業で、二重請求を行わないように帳簿に記録します。

売掛金が発生したとき

「商品やサービスの引渡しのタイミングで売上を計上する」と決めている場合について見ていきましょう。掛け取引を実施している取引先に対して、商品を税込11万円分販売し、まだ代金を受け取っていないときは、借方は「売掛金」、貸方は「売上」の勘定科目を用いて仕訳をすることができます。(消費税は税込方式で処理)

借方 貸方
売掛金 110,000円 売上 110,000円

クレジットカードで支払われた場合の信販会社への支払手数料は当方負担です。他の売掛金とは異なることがわかるように「クレジット売掛金」の勘定科目を用いて仕訳をしましょう。支払手数料が4,000円のときは、売上計上時に以下のように仕訳をします。

借方 貸方
クレジット売掛金 106,000円 売上 110,000円
支払手数料 4,000円

売掛金を回収したとき

売掛金を回収したときは、入金消込の手続きを行います。例えば銀行振込で11万円の入金があった場合は、以下のように借方は「普通預金」、貸方は「売掛金」として仕訳をしましょう。

借方 貸方
普通預金 110,000円 売掛金 110,000円

銀行振込で支払われたものの、振込手数料が当方負担の場合には、以下のように仕訳をします。(振込手数料は400円とする)

借方 貸方
普通預金 109,600円 売掛金 110,000円
支払手数料 400円

クレジットカード会社から売掛金の入金があったときは、以下のように入金消込の仕訳をします。

借方 貸方
普通預金 106,000円 クレジット売掛金 106,000円
資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

まとめ

商品やサービスの掛け取引の中で、まだ受け取っていない代金は「売掛金」の勘定科目を使って仕訳をしましょう。正しい勘定科目で適時仕訳をすることで、記帳漏れのない見やすい帳簿が完成します。後で見返しやすい帳簿を作るためにも、取引先ごとの補助科目を設定したり、必要に応じて備考を記載したりなどの工夫をしていきましょう。

売掛金の管理や入金確認、入金消込は工数がかかり、時間もかかります。請求代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」なら、手間をかけずに請求業務が完了します。ぜひご検討ください。

▼企業間後払い請求代行サービス「マネーフォワードケッサイ」
https://mfkessai.co.jp/kessai/feature

▼プラン・料金はこちら
https://mfkessai.co.jp/kessai/price

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら

「請求代行」お役立ち資料ダウンロード

請求業務の効率化に役立つ資料や「マネーフォワード ケッサイ」のサービス紹介資料を用意しています。

ダウンロードする

タグ一覧

  • 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスMoney Forward Kessai サービスについてはこちらから
  • Money Forward Kessaiのインボイス制度への取り組みについて

おすすめ記事