Article
請求代行・決済代行のお役立ち記事
信用調査(与信調査)とは?調査の方法や流れを解説

信用調査(与信調査)とは?調査の方法や流れを解説

信用調査とは、取引前に相手を知るために実施される調査です。与信調査とも呼ばれ、主に支払いがスムーズに行えるのかについて調べます。信用調査で調べる項目や必要性、流れについてまとめました。自社が信用調査を受けるときの対応についても説明します。

目次

信用調査(与信調査)とは

信用調査とは、簡単にいえば相手を信用できるか調べることです。与信審査と呼ばれることもあります。

企業間で行われるときの定義や必要性、調査項目について見ていきましょう。

信用調査の定義

企業間における信用調査とは、取引する前に取引相手を知るために実施される調査のことです。企業間の取引では多額の資金が動くため、相手への信用なしには取引は成り立ちません。

信用調査を実施することで、取引相手を信用できるようになり、より安心して取引できるようになります。

信用調査が重要な理由

信用調査とは、取引相手の支払い能力について理解するための調査です。毎月どの程度の収入があるか債務超過に陥っていないか万が一支払えなくなったときに資産などで充当できるかなど、信用調査ではさまざまな視点から支払い能力を調査します。

支払い能力を調査することで、取引先から代金が回収できない事態を回避しやすくなるだけでなく、安全に取引できる上限額の割り出しや、掛取引が可能かどうかを決めることも可能になります。リスクコントロールのためにも、取引前の信用調査は欠かせない要素です。

信用調査で調べること

信用調査では、以下の情報をもとに調査します。

  • 決算書(過去2、3年分の損益計算書と貸借対照表など)
  • 商業登記簿謄本
  • 不動産登記簿謄本
  • 主要取引先
  • 事業構成
  • 不良債権の有無
  • 在庫量(過剰な在庫がないかなど)
  • 従業員の離職状況(急に増えていないかなど)

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

信用調査の方法・流れ

信用調査にはいくつかの方法があります。主な方法としては、次の4つが挙げられます。

  1. 内部調査(社内調査)
  2. 外部調査
  3. 直接調査
  4. 依頼調査

それぞれの方法や流れ、調べる内容について見ていきましょう。

1.内部調査(社内調査)

内部調査とは、社内にある資料や人脈などから信用情報を集める調査方法です。ただし、基本的には過去に取引したことがある企業のみが対象となります。たとえば、過去の取引履歴や資料、当時の担当者にヒアリングすることで、取引先の情報をまとめます。

担当者が実際に感じた印象なども参考にするため、数字だけではわからない情報も入手できる点がメリットです。

その一方で、情報量が限られていることや、取引してから長期間経過している場合には有用な情報が得られない可能性があること、取引をしたことがない企業については調べられないことなどの注意点もあります。

2.外部調査

外部調査とは、自社と取引先以外の第三者から信用情報を集める方法です。主な情報入手先は次の2つです。

  • 官公庁
  • インターネット

たとえば法務局で商業登記簿謄本を入手し、商号や本社の所在地、支払い滞納の履歴などをチェックできます。また、不動産登記簿謄本を入手すれば、不動産をどの程度所有しているか、抵当権がついているかなどを確認できます。

取引先のホームページからも多くの情報を入手可能です。たとえば決算報告やIR情報役員の異動情報なども、企業の状況を判断するのに役立つでしょう。

3.直接調査

直接調査とは、取引先に直接尋ねる手法のことです。電話やメール、訪問などにより、取引先の信用情報を調べます。ただし、電話やメールでは取引先の雰囲気などがわからないため、よく知っている間柄でないときは訪問して調査するほうがよいでしょう。

また、直接調査によって得られた情報が正しいか、取引先の取引会社やメインバンクなどに尋ねることもあります。このような調査を「裏付け調査」や「側面調査」と呼び、直接調査とセットで実施することがあります。

4.依頼調査

依頼調査とは、企業の信用調査を専門的に実施している調査会社に依頼する調査方法です。調査会社には独自のノウハウがあるため、内部調査や外部調査、直接調査などでは得られない情報を得られることがあります。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

信用調査を行う時のポイント

信用調査では、次の3つのポイントに注目して調査を進めていきます。

  • 資産や財務状況の確認
  • 売掛金の支払い可否の確認
  • 調査対象の信用や評判の確認

それぞれのポイントについて説明します。

資産や財務状況の確認

相手企業の財務状況を確認します。貸し倒れなどが起きていないか資金繰りに問題がないかチェックしましょう。

また、支払いが困難になったときに活用できる資産があるのかも確認します。高い価値の資産があれば、その資産を担保として金融機関から融資を受け、支払いに充当できる可能性があります。融資を受けない場合は、資産を売却して支払いに充当することも検討できます。

売掛金の支払い可否の確認

掛取引を行う場合は、売掛金を支払える状況かどうかも確認しなくてはいけません。たとえば、売上収入が十分にあるか確認することで、売掛金の支払い可否を判断できるでしょう。

また、収入だけでなく、在庫や離職者の増減にも注目してみましょう。減少している分には問題ありませんが、増加しているなら社内外でトラブルが起こっている可能性があります。

調査対象の信用や評判の確認

相手企業が信頼できる企業かどうかも確認します。たとえば、経営者の人柄や中長期的な事業計画周囲の評判などもチェックしておきましょう。信頼できる企業・経営者であれば、長期的な関係を築きやすいと考えられます。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

自社が信用調査を受ける場合の対応

取引前に相手企業の信用調査を実施するのと同様、相手企業も取引前には自社の信用調査を実施します。よい評価を受けるためにも、次の3点に留意してください。

  • 必須ではないが基本的には信用調査を受ける
  • 公開している情報・数値を再確認する
  • 専門家への依頼も検討する

それぞれのポイントにおいて、どのような対応が必要か説明します。

必須ではないが基本的には信用調査を受ける

信用調査への回答は任意です。そのため、必ずしも答えなければいけないわけではありません。

しかし、回答を拒否すると信用調査会社の心象が悪くなり、依頼主である取引先にも報告されるため、取引先からの印象も悪くなってしまいます。特別な事情がない限り、信用調査に対しては協力的な姿勢を取るようにしましょう。

公開している情報・数値を再確認する

会社の経営状況は、取引相手が必ずチェックする項目のひとつです。経営状況が思わしくないときは、取引を開始したいと考える相手企業も減り、売上減にもつながることがあります。

まずは、公開している経営状況や売上高などを確認してみてください。整合性があるか、また、古すぎる情報を公開していないかチェックしてみましょう。

専門家への依頼も検討する

信用情報の調査では、会社の基本情報や事業構成だけでなく、業績推移や資金現況なども確認されます。高評価を得るためには、公認会計士などの専門家に相談し、キャッシュフローなどに問題がないか確認してもらうほうがよいでしょう。

また、税金の滞納や税額が多すぎて経営を圧迫しているのも問題です。税理士などの専門家に相談し、改善できる点がないか確認しておきましょう。

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

まとめ

信用調査(与信調査)を実施することで、相手企業と安心して取引できるかを取引開始前に確認できるようになります。また、資産状況なども確認しておくと、万が一、売掛金が支払われないときへの対応も事前に検討でき安心です。

取引を開始するときには、自社も相手企業からの信用調査を受けることになります。快く引き受けることで心象がよくなるだけでなく、「信用できる会社だ」と判断されやすくなるため、できるだけ協力的な姿勢を取るようにしましょう。

なお、信用状況は常に変化します。取引開始時には売上が十分にある企業でも、将来的にはどうなるかわかりません。そのため、定期的に信用調査を実施することが必要です。

請求代行サービスの「マネーフォワード ケッサイ」は、取引先の与信調査を定期的に行い、信用情報を確認しつつ、請求書の作成・発行や入金確認までワンストップで対応するサービスです。

また、特定の条件を満たす場合は、売掛金が回収できないときに100%入金を保証します。請求業務を効率化したい企業様だけでなく、取引を安心して行いたい企業様もぜひご検討ください。

マネーフォワード ケッサイについて詳しくはこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

資料ダウンロードはこちら(無料)
お問い合わせ・ご相談はこちら
実際のデモ画面を見る
インボイス制度の解説セミナーはこちら
マネーフォワード ケッサイについてはこちら
プラン・料金はこちら

FAQ

Q 与信管理とは?

A

与信管理とは、取引先の信用状況や売上債権を管理することです。例えば、取引先の信用状況を把握し、取引をするかどうか、あるいはどの程度の規模の取引をするか決めることなどを指します。

Q 与信管理はなぜ必要?

A

与信管理が必要な理由として、以下の点が挙げられます。
・資金繰りを安定させるため
・利益を確保するため
・連鎖倒産を防止するため

Q 信用リスクって何?

A

信用リスクとは、取引先が倒産し、売上債権の回収ができなくなるリスクのことです。損失につながるため、信用リスクを常に意識した取引が必要になります。

Q 請求代行サービスのメリットは?

A

請求代行サービスを利用するメリットは、信用リスクを減らすことができる点です。万が一売掛先企業が貸し倒れてしまい、売掛金が回収できなくなったとしても、請求代行サービスが売掛金を保証します。これにより、新規の取引先を開拓しやすくなることが期待されます。

Moner Forward Kessai

【監修】マネーフォワードケッサイ株式会社

請求業務に関するお役立ち情報を、マネーフォワードケッサイ株式会社が提供いたします。マネーフォワード ケッサイは、掛け売りに必要な与信審査・請求書の発行発送・入金管理・未入金フォローなど、請求にかかわるすべてのプロセスを代行する企業間請求代行・決済代行サービスです。

受賞歴:ITreview Grid Awardにて、最高評価である「Leader」を受賞

関連記事

ブラックリストとは?与信審査への影響や載った場合の資金調達方法も紹介

ブラックリストとは?与信審査への影響や載った場合の資金調達方法も紹介

与信管理とは信用取引のリスク軽減方法の1つ!意味や流れを簡単に解説

与信管理とは信用取引のリスク軽減方法の1つ!意味や流れを簡単に解説

この記事を読んだ方におすすめの資料

No items found.
  • Money Forward Kessai 面倒な企業間の請求業務はまるごとおまかせ!請求代行サービスについて
  • インボイス制度・電子帳簿保存法への取り組みについて詳しくはこちら
  • 3分でわかる!サービス紹介資料 企業間後払い決済・請求代行サービス ダウンロードはこちら

おすすめ記事