Article
お役立ち知識記事

黒字倒産を防ぐ!資金繰りの改善方法は?

2021-09-24

「決算上では黒字なのにお金がない」という状況に陥り、困っている経営者の方も多いかもしれません。実は、黒字でもお金が足りなくて倒産してしまうケースはあります。

では、黒字倒産はどんな時に起こるのでしょうか。対策方法についてもご紹介します。

目次

黒字倒産とは?

まず、黒字倒産とはどんな状態なのかについてご説明します。

黒字でも手元資金の不足により倒産する可能性がある

決算上では黒字でも、資金繰りが困窮して、各種費用の支払いができなくなるケースがあります。

例えば、売上が増えると在庫を増やしたり従業員を雇ったりなど、前払いでの支払いが増えます。その一方で、サービスや商品の提供から実際の売掛金の回収には時差があるため、その間で資金繰りが苦しくなるケースです。このようなケースで、取引先へ支払いができなくなったり、従業員へ給料が支払えなくなったりすれば倒産につながる可能性があります。

中小企業は現金を多めに準備しておく必要がある

自己資本比率に気を付ける経営者は多いですが、現金比率にも注目する必要があります。中小企業は現金をなるべく多く準備しておくことで、黒字倒産を防ぐことが可能です。現金が多く用意できていれば、資金繰りが悪化する局面になったとしても、現金で対応できます。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

資金繰りの改善方法

資金繰りの改善方法には、どんな方法があるのでしょうか。

売掛金の回収サイトを見直す

売掛金の回収サイトの見直しは、有効な資金繰り対策です。売掛金の回収が早くできればできるほど、資金繰りは楽になります。売掛金のサイトが長い取引先があれば、短縮してもらえるように交渉しましょう。
但し、スタートアップ・中小企業においては、取引先との力関係が弱いことが一般的なので、回収サイトの見直しが難しい可能性もあるでしょう。

支払いサイトを延ばしてもらう

支払いサイトを伸ばしてもらうことで、資金繰りを楽にすることができます。支払期日までの期間が短い取引先には、支払いサイトを延ばせないか聞いてみてもいいでしょう。
但し、取引先から資金繰り状況に懸念をもたれ、今後の取引に影響がでるリスクがあることが把握しておきましょう。

不良在庫や不必要な固定資産を現金化

在庫は多くあるほど資金繰りは苦しくなります。特に、利用できる価値がない不良在庫はそのままにしておかず、早めに処分しましょう。また、固定資産を現金化することで現預金比率を高めることができます。固定資産を減らすことは、貸借対照表のスリム化にもつながるので、リースで利用できるものはないかなど検討してみてはいかがでしょうか。

資金調達を行う

資金調達を行うことで、資金繰りの改善に繋げることも可能です。次の章では、具体的にどんな資金調達方法があるのかをご説明します。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

資金調達の種類は?

ここでは、スタートアップや中小企業が活用したい資金調達の種類についてご説明します。

銀行融資

銀行からの融資は、最も想像しやすい資金調達方法といえるのではないでしょうか。フローとしては、銀行に融資を申し込んだ後、銀行の審査が行われます。そして、その企業と取引をして問題ないかという格付を行った後に、案件ごとの審査を行います。そのため新規で申し込む場合は、融資実行までに早くて3週間から1カ月程度の時間がかかります。

銀行融資は、長期での借り入れが可能で利息も他の資金調達方法に比べて安いというメリットがあります。その一方で、審査は厳しく、特に小規模の企業や創業間もない企業は担保や保証人が必要になることがほとんどです。

ファクタリング

ファクタリングは、欧州ではメジャーな資金調達方法です。日本でも近年注目され始めました。掛売り取引で生じた売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい、支払期日より前に資金化を行なうことで資金調達ができます。審査が早く、ファクタリング業者とファクタリング利用者で契約を結ぶ2者間ファクタリングの場合は、最短即日~1週間程度で資金調達が可能です。ただし、ファクタリングは貸金業ではないので手数料等の法律上の上限はありません。そのため、調達にかかるコスト(手数料)は融資に比べると高くなる傾向にあります。

ただし、最近では2者間ファクタリングでも手数料0.5%~というものもあります。担保・保証人の差し入れの必要もなく、売掛先企業が貸し倒れても弁済する必要がないのもメリットです。一刻も早く資金調達したいという場合には検討してみてください。

補助金/助成金

補助金や助成金は、事業内容などが国や機関に認められることで資金が支給される制度です。融資ではないので、返済の必要がないというのが大きなメリットといえます。ただし、何枚にも及ぶ事業計画書を作成する必要があるので、手間がかかると感じる方もいらっしゃるでしょう。早期資金調達が必要なく、事業計画書を作成する余裕がある場合には、適している資金調達法といえるのではないでしょうか。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

まとめ

理論上は黒字でも、手元キャッシュがなければ倒産する可能性もあります。資金繰り改善の方法はいろいろあるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、資金繰りを安定させる資金調達としては、銀行融資・ファクタリング・補助金/助成金などがあります。貴社の状況にあった資金調達方法を選びましょう。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

資金調達・資金繰り改善手段をご検討の方へ

「マネーフォワード アーリーペイメント」は東証一部上場企業 マネーフォワードグループが運営するファクタリングサービスです。業界最安水準の手数料率で、迅速に資金の調達が可能です。ぜひ、ご検討ください。

  • 初回最短5営業日、2回目以降は最短2営業日での迅速な資金調達が可能
  • 手数料率は業界最安水準の1%~
  • 取引先への通知、債権譲渡登記は不要なので、今後の取引に影響がでません
  • 請求時点に加えて、発注時点での早期資金化にも対応可能
  • 東証一部上場グループ企業が運営しているので、安心してご利用いただけます
お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

そのほかの記事