Article

お役立ち記事

ファクタリング(売掛金早期資金化)についてのお役立ち記事です。

ファクタリングとは?仕組みや種類、注意点を解説

ファクタリングは売掛債権を現金化する資金調達法ですが、実際にどのような仕組みで、またどのような種類があるかご存知でしょうか。本記事では、ファクタリングについて仕組みや種類、注意点、今後の予測など徹底的に解説していきます。

ファクタリングのメリット・デメリットとは?融資との比較も解説

売掛債権を売却して支払い期日より前に現金化をするファクタリングには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。本記事では、ファクタリングについて融資と比較した場合のメリット・デメリットや、2者間、3者間ファクタリングそれぞれのメリット・デメリットなどご紹介していきます。

ファクタリングの会計処理における仕訳

事業を営むのであれば日々の取引の内容を会計に残す必要があります。ファクタリングについてもそれは同様です。ファクタリングは売掛債権を売買する取引ですが、会計上どのように取扱う必要があるのでしょうか。本記事では、ファクタリングについてどのように仕訳や会計処理するのかについて解説していきたいと思います。

ファクタリングの手数料はどのくらい?種類別の相場などご紹介

ファクタリングは自社の業績に関わらず、また時間をかけずに資金調達できるなどメリットがありますが、一方で融資など他の資金調達法と比べて手数料が割高になる可能性があります。本記事では、ファクタリングの手数料について具体的な内訳や種類別の相場などご紹介していきます。

債権について解説!ファクタリングと債権譲渡登記

ファクタリングは売掛債権を売却するサービスのため、債権について知っておくと取引をスムーズに進められるでしょう。本記事では、債権譲渡について解説すると共に、ファクタリングにおける債権譲渡登記の必要性などご紹介していきます。

【経営者・財務責任者向け】企業経営における資金調達方法について

事業を継続していくなかで、何らかの理由で資金不足が発生し、資金調達が必要となる時期があります。資金調達が必要な時期はどのような時か。また、資金が不足した場合の代表的な資金調達方法について解説しています。

迅速な調達に向いている資金調達手法とそのメリット・デメリット

会社を経営していると、突発的な資金ニーズや状況の変化により、一時的に資金が不足して短期間で資金調達が必要な状況が発生することがあるかもしれません。こちらの記事では、数ある資金調達手法の中でも、比較的、調達までの期間が短く、突発的な資金ニーズに対応可能な手段をご紹介します。

【ファクタリングの利用を検討している方へ】サービス選択のポイントについて

融資等の資金調達手段では間に合わない突発的な資金ニーズや、事業の急拡大に伴う運転資金増加という課題に対して、ファクタリングは有効活用し得る資金調達手段の一つです。この記事ではファクタリングについての基礎知識と、選び方のポイントについて解説しています。ファクタリングの利用を考えている方はぜひご参考にしてください。

3者間ファクタリングのメリット・デメリット

資金繰りが厳しく一刻も早く資金を用意したい場合に、資金調達の方法としてファクタリングを考えている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただし、ファクタリングと一口で言っても様々な種類があります。こちらの記事では、3者間ファクタリングの仕組みとメリット・デメリットをご説明します。

買取型と保証型ファクタリングとは?違いを解説

ファクタリングには、大きく分けて買取型と保証型があります。こちらの記事では、買取型・保証型のファクタリングの仕組みや利用する際の注意点をご説明します。

債権の種類とファクタリングとの関係を解説

債権とは、相手方に特定の行為をさせる権利のことです。商取引では、サービスを提供する際に金銭の授受が発生しますが、サービス提供をして金銭を得る権利を債権といいます。こちらの記事では、ファクタリングの際に買い取りが可能な債権についてご説明します。

手形割引とファクタリングの違いを解説

資金調達の手段として、手形割引やファクタリングについて耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。手形割引・ファクタリングともに、売掛債権を利用した資金調達方法ですが、異なる点があります。この記事では、手形割引とファクタリングの違いについてご説明します。

でんさい割引とファクタリングの違いを解説

売掛債権を利用した資金調達は様々ありますが、でんさい割引はご存じでしょうか。こちらの記事では、売掛債権を売却して資金化するファクタリングとでんさい割引には、どんな違いがあるのかご説明します。

投資を目的とした資金調達にファクタリングは利用できる?

企業の成長には投資は不可欠です。設備や人材開発へ投資することもありますし、資産を増やすための投資をすることもあるでしょう。この記事では、投資を目的とした資金調達に、ファクタリングを利用できるかをご紹介します。

2者間ファクタリングのメリット・デメリット

資金調達と聞くと、銀行融資が真っ先に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、銀行融資は審査から融資実行までに時間がかかることが多く、突発的な資金ニーズが発生した場合には対応が難しい可能性があります。そこで活用を検討できる資金調達手段がファクタリングです。この記事では、ファクタリングの中でも資金化が早い、「2者間ファクタリング」についてご紹介します。

ファクタリング事業者とサービサーの違いを解説

ファクタリング事業者とサービサー(債権回収会社)は、どちらも債権譲渡を伴う可能性のあるサービスを提供している会社です。一方で、双方の違いやどのようなケースで活用できるのかが曖昧な方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらの記事では、ファクタリング事業者とサービサー(債権回収会社)にについて、その違いや特徴をご説明します。

ファクタリングの契約は手間がかかる?契約の流れを解説

資金調達の方法として「ファクタリング」を検討したことがある方もいらっしゃるでしょう。この記事では、ファクタリングの契約の流れについて2者間ファクタリング、3者間ファクタリングそれぞれの契約形態ごとにご説明します。

資料請求・お見積り依頼

まずは、お気軽に資料請求、無料のお見積りをご依頼ください。