Article
お役立ち知識記事
売掛金買取サービス(ファクタリング)とは?サービスの選び方も解説

売掛金買取サービス(ファクタリング)とは?サービスの選び方も解説

ファクタリングは売掛金を早期に現金化できる良いサービスです。ファクタリング業者によって手数料の水準が大きく異なるため、業者選びには細心の注意が求められます。今回はファクタリングの種類やメリットやデメリット、業者の選び方、向いている企業について解説します。

売掛金早期資金化サービス マネーフォワード アーリペイメント 無料資料ダウンロードはこちら

目次

売掛金買取サービス(ファクタリング)とは

売掛金買取サービス(ファクタリング)は、融資とは異なる資金調達の一つとして近年注目を集めている方法です。金融機関などで融資を断られた企業でも、取引先に対して売掛金があれば利用できる可能性があります。まずは売掛金やファクタリングの仕組みについて解説します。

売掛金とは

売掛金とは製品やサービスの販売後、料金をすぐに受け取らず、一定の期間ごとにまとめて支払いを受ける後払いによる売上を指します。企業間の取引で商品の引き渡しがある度に代金を支払っていては、手続きが膨大で煩雑になる恐れがあるため、期日を設けて請求書を発行し、期間内の売上はまとめて後払いする信用取引を導入するのが一般的です。企業は商品を販売してから売掛金を回収するまでの間、売掛債権を取得し、会計処理上は「売掛金」の勘定科目を使って処理します。

売掛金買取サービス(ファクタリング)の仕組み

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却し、支払期限の前に現金を受け取るサービスです。取引先の入金を待たずに即座に現金を用意できる便利な仕組みだといえます。ただし受け取るのは売掛金の額面金額からファクタリング会社に支払う手数料を差し引いた後の金額です。

ファクタリングは早期に債権を回収できるほか、売掛金を売却した時点で貸し倒れリスクの責任もファクタリング会社に移るのが特徴です。利用企業は売掛元が返済できずに終わっても、買戻しに応じる必要はなく、手数料を控除した売掛金を確保できます。

売掛金買取サービス(ファクタリング)の種類と特徴

一口にファクタリングといっても、契約形態や取引の仕組みによってさまざまです。どのような種類があるか、特徴も踏まえて紹介します。

買取型ファクタリング

買取型ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社が買い取ることで、利用企業は早期に債権を回収できる方法です。契約形態に応じて、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの種類に分かれます。それぞれ特徴やおすすめの人について解説します。

2者間ファクタリングの場合

2者間ファクタリングは、利用企業とファクタリング会社の間で契約が交わされ、売掛先にはファクタリングの利用を知らされない仕組みのことです。当事者間の合意だけで手続きを進められるため、申込~入金までが素早く行われます。

流れとしては、利用企業が売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、手数料を差し引いた金額を受け取ります。その後、本来の債務者が支払いを行なったら、利用企業は受け取った代金をファクタリング会社に支払うというのが一連の流れです。

2者間ファクタリングは、ファクタリング会社側の貸し倒れリスクが高い分、手数料が高騰しやすいのも特徴です。ファクタリング会社の手数料の決め方に明確な基準はなく、原則、ファクタリング会社独自のルールで決められるため、利用する際は複数のファクタリングサービスを比較してみると良いでしょう。

メリットとしては、ファクタリングの利用を売掛先に知られないという点です。ファクタリングの利用を知られると、資金繰りに余裕がないのかと懸念される可能性もあるため、ファクタリング利用の事実を取引先に知られたくない場面には2者間ファクタリングがおすすめです。

3者間ファクタリングの場合

3者間ファクタリングは利用企業とファクタリング会社に加えて、債務者も契約に参加する方法です。利用企業は契約の締結前に債務者に対して債権譲渡の通知を行い、承認を受けるプロセスがあります。契約に関与する人数が多い分、申込から現金化までに時間がかかる傾向があります。

そのため、3者間ファクタリングは、ある程度資金繰りに余裕がある場合に向いている方法です。また、2者間ファクタリングと比べて手数料が安い傾向があり、費用の面では安心して使いやすい契約形態といえるでしょう。

保証型ファクタリング

保証型ファクタリングは、売掛金の貸し倒れに備えて、保証料を設定する保険のような仕組みです。利用企業はファクタリング会社に申し込み承認を受けたら、保証料や保証金などの条件の提示を受け、内容に問題なければ契約を締結します。その後、支払い期日を過ぎても売掛金が回収できないことが分かったら、保証金の支払を受けられます。

貸し倒れが起きた場合、売掛先の経営は危ない状態だといえ、資金繰りが悪化している可能性が高いです。そのままの状態が続くと、倒産につながるとみられます。万が一、自社にとって大口の取引先が廃業に追い込まれたら、自社の経営にも多大な影響を及ぼすと想定されます。

保証型ファクタリングはそのような万一の事態に備えて、貸し倒れによる経営リスクを軽減し、今まで通り事業を継続するために役立つ方法です。買取型ファクタリングと異なり、債権の早期回収の効果はなく、性質が全く異なります。

売掛金買取サービスを利用するメリット・デメリット

ファクタリングはハードルが低く、個人事業主や中小企業でも利用しやすい資金調達の一つです。ただし利用時には悪徳業者の見極めが必要で、金融庁も注意喚起を行っています。売掛金買取サービスのメリットやデメリットについて解説します。

売掛金買取サービスを利用するメリット

売掛金買取サービスを利用するメリットは次の通りです。

  • 売掛金の入金期日が到来する前に現金化できる
  • 業種や業態問わず利用できる
  • 受け取った代金は返済しなくて良い
  • 保証金や担保は不要
  • 負債にカウントされない

ファクタリングの何よりの利点は即座にキャッシュが手元に入ることで、突発的な資金需要にも応えられる点です。買掛金の返済期日が近いときや、資金繰りの悪化で従業員の給料を支払えないときなど、緊急性が高い問題の解決に役立ちます。金融機関から融資を受ける場合、審査に通過するまで1ヵ月程度かかることも珍しくないですが、ファクタリングなら即日~数日程度で入金されるものもあるため、お急ぎの場合にもご利用いただけます。

また、ファクタリングは売掛債権を持っている企業であれば、業種や業態にかかわらず誰でも利用できます。その他の資金調達方法と比べても敷居が低い方法で、多くの企業の資金繰りを助ける可能性を秘めています。

さらにファクタリング会社から受け取った代金は債務ではないため、返済の必要はなく、純粋に事業のために使うことが可能です。貸借対照表の負債の部に計上しなくても良いため、企業の財政状態に影響を与えにくいのも利点です。また契約時には審査がありますが、原則として必要書類の提示で済み、保証人や担保の提供は必要ありません。

売掛金買取サービスを利用するデメリット

売掛金買取サービスを利用するデメリットは次の通りです。

  • 悪徳業者も存在する
  • 手数料が高い場合がある
  • 売掛金の範囲内でしか調達できない
  • 買取額に下限を設けている場合がある

ファクタリング会社を装い、貸金業法の登録を受けていない業者が売掛債権を利用して、違法に貸し付けを行っている事案が確認されています。ファクタリングはあくまでも売掛債権の売買にとどまり、銀行などの金融機関が行う融資とは異なる形態です。ファクタリング業者は資金を貸し付けて利息を得る行為は法律で禁止されています。

業者から受け取った代金が著しく低額の場合、違法な貸し付けに及んでいる可能性もあるため、注意してください。買戻し特約付きのファクタリング契約も同様で、債権を回収できない場合、売掛金を買い戻してファクタリング業者の利益を確保する特約が契約に付されている場合も注意が必要です。

特約付きのファクタリング契約は銀行や貸金業者ではないと行えず、通常のファクタリング業者が主体の場合はNG行為です。

また、ファクタリングを利用する際は手数料の水準にも注意が必要です。特に2者間ファクタリングは高い割合が設定される傾向があります。資金調達額は手数料を差し引いた売掛債権の範囲内でしか設定できず、大金の調達を希望する場合、ニーズを満たすことができない場合もあります。

最後に、売掛債権の額が低すぎると、業者からファクタリングを断られる場合があります。業者にとって採算性が低い債権のため、予め買取金額に下限を設定して、取り扱いを避ける場合があるためです。対応している業者でも収益の確保を目的として、高めの手数料が設定されるのが一般的です。額面金額が低い売掛債権はファクタリングには向いていないでしょう。

売掛金買取サービス・ファクタリング業者の5つの選び方

売掛金買取・ファクタリング業者選びで失敗しないために注意したいポイントは次の5つです。

  1. 評判や実績など信用力
  2. 手数料の比率
  3. 入金までのスピード
  4. 債権譲渡登記の必要性
  5. サポート体制の充実度

各ポイントについて、何をどのように注意すべきか確認しましょう。

1.評判や実績など業者の信用力

十分な実績があるか、公式サイトやSNSの口コミなどをチェックしてください。ファクタリング業界は成熟した市場とはいえず、利用者から利益を貪る悪徳業者がいないとも限りません。

たとえ真面目に取り組んでいる業者でも、知名度が低く基盤が脆弱だと、必要な資金を確保できず利用者のニーズを満たせない可能性があります。取引実績は通常なら公式サイトに掲載されています。実績が確認できない場合やホームページが存在しない会社は極力避け、他の会社を検討しましょう。

2.手数料率

売掛金の金額に対する手数料率が適正な水準かどうかは重要な要素です。

手数料率が高すぎるのはもちろん良くありませんが、安すぎる会社も注意しましょう。一見割安に見えても、オプションで色々なサービスを付帯した結果、結局は割高になる場合があるためです。

とはいえ、適切な範囲内であれば手数料が安価な会社を選ぶのがおすすめです。料金体系で納得いく取引相手を選ぶために、複数の業者に見積もりを行い、報酬水準を比較してみましょう。

可能であれば、手数料の上限や下限、内訳が分かる会社を選びましょう。債権譲渡登記が伴う契約の場合、登記費用も別途請求されます。公式サイトの手数料比率は下限の数字で、一見安く見えても、実態と乖離している恐れもあります。

3.入金までのスピード

ファクタリングは、入金までの速さが魅力的な資金調達の方法です。メリットを最大限享受するため、迅速に対応しているサービスを選びましょう。いつまでに現金が必要か、ファクタリング会社がどれくらいのスピード感で対応できるかなど、事前の確認が求められます。

今すぐにでも手元にキャッシュが欲しい場合は、即日入金可を謳うファクタリング業者を中心に検討してみましょう。対応スピードを重視する場合は、オンライン完結のサービスがおすすめです。見積もりや審査、契約手続きから入金に至るまで、数時間で終わる会社もあり、近日中に支払いの予定があるときも対応可能です。

4.債権譲渡登記が必要か

債権譲渡登記とは、債権を譲渡したことを登記に記し、権利の移動や所有者を公に証明することです。ファクタリング会社が万一の場合に備えて、売掛債権が自社のものだと法的な根拠を示す目的で、債権譲渡登記をファクタリングの条件に据えている場合があります。

登記費用や印紙代が別途発生することもあり、利用時の負担は大きくなります。登記事項は誰でも閲覧可能であるため、登記によって債権譲渡の事実を売掛先に知られるリスクもあります。それらを避けたい場合は、債権譲渡登記を義務づけていないファクタリング会社を検討しましょう。

5.サポートや対応が充実しているか

サポート体制の充実度も、ファクタリング業者選びの重要なポイントです。

  • 電話やメール、チャットで質問に応じているか
  • 経営コンサルティングを行っているか
  • 助成金の情報提供を行っているか
  • オンライン契約や出張訪問に応じているか
  • 従業員の対応は丁寧で、説明は分かりやすいか

ファクタリング会社によっては、ファクタリング以外の資金調達の情報を提供する経営コンサルティングを行ってる場合もあります。創業間もない会社や、事業拡大を考えている企業の経営者にとって心強いサポートが期待できます。

ファクタリングの活用を考えている企業は、急ぎで資金が必要なシチュエーションが多いでしょう。その場合は、ファクタリング会社に出向くまでの時間やコスト削減のため、オンライン完結型、または出張訪問に対応する会社が適しています。

また、スタッフの対応も業者選びの重要な基準です。メールや電話のレスポンスが遅い、質問への回答が適当など違和感を抱く場合、サービスの質に満足できない恐れもあります。ファクタリングは知名度が高いとはいえないため、初めて利用する人にも分かりやすい説明ができるかどうかも要確認の項目です。

売掛金買取サービスを活用したほうが良い企業の特徴

メリットやデメリットを把握しても、自社が売掛金の買取を活用したほうが良い状況か判断しにくいときもあるでしょう。ここでは、ファクタリングの利用が効果的な会社の特徴を紹介します。

1.すぐにでも資金調達が必要

緊急性が高い時ときほど、ファクタリングは力を発揮します。ファクタリングは資金調達までのスピードが速く、銀行融資では1か月程度かかる期間を最短即日まで短縮できることがあるためです。たとえば、売上の計上から入金までの入金サイトが長く、費用の支払とのタイミングが合わない場合や、資金繰りが悪化し、買掛金の支払期限が迫っているにもかかわらずに手元にキャッシュがない場合などは、ファクタリングが一助になる可能性が高いです。

2.融資の審査に不安がある

ファクタリングの審査では融資と異なり、自社の財務状況や経営計画などは審査時に重視されず、審査が緩い傾向があります。そのため創業期や債務超過、赤字などで融資審査の通過が見込めない場合でも資金を調達しやすい方法です。具体的には次のような状況にファクタリングは適しています。

  • 金融機関や自治体に融資を申し込んだのに断れてしまった
  • ビジネスローンを申し込むために必要な保証人が不在
  • 個人事業主のため融資が通らない可能性が高い

ファクタリングの審査で重視されるのは、売掛先の信用度です。売掛先の経営が傾いている、売掛金の貸し倒れリスクが高いなどの懸念事項がなければ、比較的スムーズに審査に通過できる可能性が高いです。また近年では個人事業主でも利用できるファクタリングサービスも登場し、以前より利用しやすさが向上しています。

3.売掛金を回収できないリスクを懸念している

売掛金を多数保有していると、貸し倒れなどの未回収リスクを多く抱えていることになります。

売掛債権が多い状態は、さまざまな企業と取引があるといえる反面、回収がずさんな可能性もあります。中小企業やスタートアップで、人手不足のために与信管理や債権回収にまで手を回す余裕がない場合は、ファクタリング会社にそれらを依頼してはいかがでしょうか。不良債権や期日までの期間が長すぎる場合を除き、未回収リスクがそれほど高くなければ利用できる可能性があります。

売掛金買取は「マネーフォワード アーリーペイメント」がおすすめ

売掛金買取・ファクタリングサービスの種類は多く、業者選びで迷うシーンも想定されます。マネーフォワードケッサイ株式会社が提供する『マネーフォワード アーリーペイメント』は、業界最安水準の手数料率で早期の資金調達を可能にする、2者間ファクタリングサービスです。お取引先さまへの通知や債権譲渡登記は不要で、今後のビジネスに影響を与えることなく資金調達を行うことができます。

『マネーフォワード アーリーペイメント』について詳細はこちら

まとめ

売掛金買取サービス(ファクタリング)は、売掛先が支払う前に売掛金を現金化できる便利なサービスです。ファクタリング契約に取引先が介在するかどうかで、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングに分かれます。

早期の現金化が目的ではなく、貸し倒れリスクに備えたい場合は保証ファクタリングという選択肢もあるため、用途や何を重視したいかで契約体系を選ぶ必要があります。

ファクタリング業者選びで重要なのは、実績や手数料比率、入金までのスピード感、サポート体制の充実度などです。債権譲渡登記が必要な場合はファクタリングの利用を取引先に知られる恐れがあるため、契約時に有無をチェックしましょう。本記事で得た知見を参考に、ぜひ自社に合ったファクタリングサービスを見つけてください。

Moner Forward Kessai

【監修】マネーフォワードケッサイ株式会社

ファクタリングに関するお役立ち情報を、マネーフォワードケッサイ株式会社が提供いたします。ファクタリングサービス「マネーフォワード アーリーペイメント」は、お客様の所有する売掛債権(売掛金)を売却することで、一定の手数料を差し引いた金額を受け取ることができる2者間ファクタリングサービスです。

資金調達・資金繰り改善手段をご検討の方へ

「マネーフォワード アーリーペイメント」は東証プライム上場企業 マネーフォワードグループが運営するファクタリングサービスです。業界最安水準の手数料率で、迅速に資金の調達が可能です。ぜひ、ご検討ください。

  • 最短2営業日での迅速な資金調達が可能
  • 手数料率は業界最安水準の1%~
  • 取引先への通知、債権譲渡登記は不要なので、今後の取引に影響がでません
  • 請求時点に加えて、発注時点での早期資金化にも対応可能
  • 東証プライム上場グループ企業が運営しているので、安心してご利用いただけます
Money Forward Early Payment

マネーフォワード アーリーペイメント

資金繰り・資金調達にお悩みの企業様はお気軽にご相談ください。

この記事を読んだ方におすすめの資料

「3分でわかるマネーフォワード アーリーペイメント」 サービス紹介資料

「3分でわかるマネーフォワード アーリーペイメント」 サービス紹介資料

ファクタリングの仕組みと活用法

ファクタリングの仕組みと活用法

資金調達をご検討のスタートアップへ

「マネーフォワード トランザクションファイナンス for Startups」は売掛債権を売却していただくことで、最短翌営業日に資金化できるスタートアップのための新しい資金調達手段です。資金調達をご検討中のスタートアップは、ぜひご相談ください。

関連記事

ABLとファクタリングの違いについて

ABLとファクタリングの違いについて

買取型と保証型ファクタリングとは?違いを解説

買取型と保証型ファクタリングとは?違いを解説

おすすめ記事

  • マネーフォワード アーリペイメント 資金調達をご検討の方へ 業界最安水準 手数料率1.0%~ ファクタリングサービスのご紹介 詳しくはこちら