Article
お役立ち知識記事

ファクタリングと相性が良い業種は?

2021-09-24

ファクタリングは、ファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらうことにより、実際に期日より前に資金化できるスキームです。

この記事では、ファクタリングの利用に向いている業種をご紹介します。

目次

ファクタリングに向いている業種①建設業

まず、建設業がファクタリングに向いている理由をご説明します。

大口案件が多いので運転資金が大きくなりやすい

建設業は大口案件が多いので、運転資金が大きくなりやすい傾向にあるのが特徴です。運転資金は、「売掛債権+棚卸資産−買掛債務」で計算します。建築業は一つのプロジェクトごとの売掛債権が大きくなるので、業績的には黒字でも資金繰りが厳しくなりやすいのです。

工事の着工から完工、着金までに時間がかかる

建設業は運転資金の額が大きくなりやすいだけではなく、工事が完工するまで売掛債権を回収できないとなると、その分資金繰りが悪化しやすくなります。

銀行融資の場合は、資金使途に紐づける必要があります。一方でファクタリングは、資金調達した資金を柔軟に使うことが可能です。回収までに必要な買掛金の支払い・人件費の支払い・経費の支払い・備品の購入など自由に利用できるのもメリットになります。

プロジェクトが飛ぶと下請け・孫請けにも影響がある

建設業は、一つの会社だけでプロジェクトを遂行するのではなく、下請けや孫請けに仕事を外注していることも多いです。もし、大型プロジェクトの売掛債権を回収できなくなれば、そのプロジェクトを受注している会社だけではなく、下請けや孫請けにも資金が回らず総倒れとなってしまうリスクがあります。

連鎖倒産を防ぐためにも、売掛債権を確実に回収するためにファクタリングの活用が検討できます。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

ファクタリングに向いている業種②IT業

次に、なぜIT業ファクタリングに向いているかの理由をご説明します。

前払いが多い業種

IT業は、開発費やサーバー代など前払いが多い業種です。また、プロジェクト完了後も検収が完了するまで売掛債権を回収できません。そのため、製作から売上金を回収するまでに時間がかかるので、業績的には黒字でも資金繰りは悪化しやすいです。

売掛先企業の倒産リスクが高い

IT業は参入しやすい業種ではあるものの、その分競合も多く、売掛先企業が突然倒産するということも考えられるでしょう。

特に業歴が浅い企業は、自己資本に蓄積ができておらず、資金繰りが簡単に悪化する恐れがあります。そのため、業歴が浅い企業や業績に不安がある企業と取引をする際には、ファクタリングの利用がおすすめです。

有形固定資産が少ないので銀行融資を借りにくい

IT業は、有形固定資産が少ない業種です。最近では、リモートワークが進んでいることから、本社建物すら手放す企業もあるようです。銀行融資は、基本的には不動産などの担保が必要になります。

しかし、有形固定資産が少ないIT業は担保にできる不動産がないので、銀行融資が借りにくいという事情があるのです。そのため、担保の登録が必要なく資金調達ができるファクタリングが向いています。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

ファクタリングに向いている業種③医療・介護

最後に、医療や介護業界がなぜファクタリングに向いているかをご説明します。

設備などにお金がかかる業態

医療や介護業界は、開業時などに設備を購入する必要がある業種です。開業時は信用力が低いので、銀行融資が借りにくい、すぐに融資枠が埋まってしまうという事情もあるでしょう。そのためフレキシブルな資金調達方法として、売掛債権を資金化できるファクタリングが向いています。

確実に国から回収できるのでサービス提供しているファクタリング業者も多い

診療報酬や介護報酬は、患者や利用者の自己負担分以外を国(社会保険支払い基金・国民健康保険)が負担してくれます。書類を作成して国に請求を出せば、2カ月ほどで回収できるようになっています。

ただし、患者や利用者が増えれば増えるほど、立て替える金額も増えてしまいます。多くの患者や利用者を受け入れるためにたくさんのスタッフを抱えれば、人件費の支払いなどで資金繰りが苦しくなります。そのため、立て替え期間を待つことなく売掛債権を早期に資金化できるファクタリングが便利です。

手数料も安く設定されている

診療報酬や介護報酬は国から負担されるので、一般企業の売掛債権より回収できる可能性が高いです。そのため、ファクタリング業者としても安心して買い取ることができるので、手数料も安く設定されています。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

まとめ

ファクタリングは資金調達までの時間がスピーディーで、万が一売掛金の回収ができなくても弁済の必要がない資金調達方法です。

特に、運転資金が大きい業種、売掛債権の回収までの時間が長い業種、担保にできるものが少ない業種、初期投資にお金がかかる業種などに向いているといえます。ファクタリングと相性が良い業種の方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

資金調達・資金繰り改善手段をご検討の方へ

「マネーフォワード アーリーペイメント」は東証一部上場企業 マネーフォワードグループが運営するファクタリングサービスです。業界最安水準の手数料率で、迅速に資金の調達が可能です。ぜひ、ご検討ください。

  • 初回最短5営業日、2回目以降は最短2営業日での迅速な資金調達が可能
  • 手数料率は業界最安水準の1%~
  • 取引先への通知、債権譲渡登記は不要なので、今後の取引に影響がでません
  • 請求時点に加えて、発注時点での早期資金化にも対応可能
  • 東証一部上場グループ企業が運営しているので、安心してご利用いただけます
お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

そのほかの記事