Article
お役立ち知識記事

ABLとファクタリングの違いについて

2021-09-24

資金調達の方法を考える経営者ならば、ABLやファクタリングと言う資金調達方法を耳にしたことがある方も多いでしょう。ABLとファクタリングは、どちらも売掛債権を活用して資金調達する方法です。似ているようで異なる2つの資金調達方法ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

目次

ABLとは?

まず、ABLがどんな資金調達方法なのかについてご説明します。

売掛債権を担保に融資をする

ABL(Asset Based Lending)は、売掛債権担保融資のことで、売掛債権を担保に金融機関から借入ができる資金調達方法です。売掛債権としては、売掛金・在庫(商品や原材料)などがあります。

銀行からの融資の一種

ABLは、数ある銀行融資の中の一つです。銀行融資をする際には、売掛金や在庫を担保としての評価を行います。

万が一、債務者が融資の返済ができなくなった場合には、担保が換金され補填される仕組みです。ABLを利用する際には、融資額より担保を高く設定するなどのコベナンツ(約束)を銀行と債務者で決めておきます。ただし、商取引をする以上、毎月売掛金や在庫には波があります。コベナンツに抵触するケースではペナルティが課せられるケースがほとんどなので注意しましょう。具体的には金利の引き上げなどです。

また、売掛債権や在庫の状況を毎月銀行へ報告する必要があります。これを手間に感じる経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

債務者の信用力がないと融資を受けられない

銀行融資は、債務者の信用力がないと融資を受けることはできません。例えば、担保にする売掛金の価値が高かったとしても、債務者自身が赤字や債務超過であれば借入できません。また、債務者の信用力により融資枠や利息も決まります。

不動産担保がなくても融資を受けられる

通常の銀行融資では、不動産や定期預金、有価証券などを担保にします。しかし、ABLはこのような資産を持たなくても融資を受けることが可能です。資産が少ない小規模の会社や創業間もない会社に、新しい融資の形として注目されています。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

ABLとファクタリングの違いは?

ここでは、ABLとよく比較されるファクタリングとの違いについてご説明します。

ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらう資金調達

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、売掛債権の期日より前に現金化できる資金調達方法です。

2者間ファクタリングの場合は、売掛債権の回収日にファクタリング利用者からファクタリング業者に売掛債権の決済額を振り込みます。また、3者間ファクタリングの場合は、売掛先企業から直接ファクタリング業者へ振り込んでもらう流れです。

ファクタリングは融資ではない

ファクタリング業者は貸金業ではないので、ファクタリングは融資という枠組みにははまらない資金調達方法です。そのため、ファクタリングで買い取ってもらった売掛債権の金額をファクタリング業者に振り込む際、分割で支払うことはできません。分割払いを行なうと、融資行為としてとらえられるからです。

一方、ABLは銀行からの融資になりますので、新規融資の場合は審査から融資実行までに3週間~1カ月はかかります。しかし、ファクタリングの審査は最短1日で行われ、2者間ファクタリングの場合は遅くとも1週間で資金調達が行われるので、一刻も早く資金調達したい場合には便利です。

利用可否は売掛先企業とファクタリング利用者の信用力で決まる

ABLの場合は、売掛先企業の信用力も見られますが、融資を受ける債務者の信用力がなければそもそも融資を受けることはできません。銀行は特に営業利益ベースの赤字に厳しいので、将来黒字化の計画があったとしても、それが確実となるまで取引してくれないでしょう。

ファクタリングは、売掛先企業の信用力とファクタリング利用者の信用力で利用の可否が決まります。そのため、銀行融資に比べると売掛先企業の信用力が高ければ利用ができる可能性が高いです。赤字決算が続いていても将来性が認められれば利用できることもあるので、銀行に断られても利用できるかもしれません。

ABLの方が利息は安い傾向にある

ABLも融資の一種なので、貸金業法上の利息の上限である年利15~20%を超えて請求されることはありません。しかし、ファクタリングの場合は、手数料に制限がないので融資に比べると高くなる可能性が高いです。ファクタリングにおける手数料は、売掛債権の額に対して〇パーセントという形なので、融資の利息で使う年利とは異なります。融資の利息とファクタリングの手数料を比べる場合は、注意する必要しましょう。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

まとめ

ABLは銀行融資の一種です。ファクタリングの手数料に比べると利息は低いというメリットはありますが、融資を受けるまでに時間を有し、債権者の信用力が高くなければ利用することはできません。また、銀行とのコベナンツに抵触すればペナルティが課せられることもあるので、注意する必要です。

一方ファクタリングは、ファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達できます。ABLに比べると早く資金調達できるのがメリットですが、手数料は高くなりがちです。

どちらの資金調達方法もメリット・デメリットがありますので、貴社にとって良い資金調達法を選んでください。

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

資金調達・資金繰り改善手段をご検討の方へ

「マネーフォワード アーリーペイメント」は東証一部上場企業 マネーフォワードグループが運営するファクタリングサービスです。業界最安水準の手数料率で、迅速に資金の調達が可能です。ぜひ、ご検討ください。

  • 初回最短5営業日、2回目以降は最短2営業日での迅速な資金調達が可能
  • 手数料率は業界最安水準の1%~
  • 取引先への通知、債権譲渡登記は不要なので、今後の取引に影響がでません
  • 請求時点に加えて、発注時点での早期資金化にも対応可能
  • 東証一部上場グループ企業が運営しているので、安心してご利用いただけます
お気軽にお見積りをご依頼ください(無料)

そのほかの記事