Article
お役立ち知識記事

エンジェル投資家とは?メリットや注意点、探し方について解説

エンジェル投資家とは起業間もない企業に投資をする人のことです。エンジェル投資家から投資を受けることにはどのようなメリットがあるのか、何に注意をすべきかについて解説します。また、イベントやサイトなどで探す方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは、まだ実績があまりない企業に出資する個人投資家のことです。エンジェル投資家は、企業の実績ではなく将来性や新規性、ビジネスモデルなどから出資するかどうかを判断します。

エンジェル投資家が出資する金額は数百万円から数千万円規模と様々です。起業したばかりの企業は実績や信用がないため、金融機関から融資をうけることが難しくなる傾向にあります。しかし、エンジェル投資家であれば実績とは異なる基準で評価するため、資金調達できることもあるでしょう。

エンジェル投資家は、出資した企業から株式などを受け取ることもあります。将来、企業が成長したときには配当を、また、上場したときには売却益を得ることが期待できるでしょう。

ところで、エンジェル投資家と間違えやすい「ベンチャーキャピタル」とは、主にベンチャー企業を対象に出資を行う投資会社です。まだ実績があまりない企業に出資するという点ではエンジェル投資家と同じですが、エンジェル投資家は個人投資家であるのに対し、ベンチャーキャピタルは会社などの組織であることが異なります。

ベンチャーキャピタルの目的は、出資先が上場したときに株式や事業を売却して差益を得ることです。そのために出資先の企業に積極的な経営支援を行い、企業価値の向上と上場実現を目指します。

▼より詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考ください。
「ベンチャーキャピタル(VC)とは未上場企業への投資会社!メリットや注意点は?」

エンジェル投資家が出資する理由

エンジェル投資家が出資を行う理由はさまざまです。例えば、自分自身も起業した経験があり、純粋にこれから成長する企業を応援したいという気持ちから出資を行うエンジェル投資家もいます。また、出資時に受け取る株式から利益を得ることを目的としているエンジェル投資家も多いです。

さらに、名声のために出資を行うケースもあります。出資した企業が大きく成長すれば、その成長を後押しした投資家としての評判を得られるかもしれません。

エンジェル投資家の出資先

エンジェル投資家は、起業したばかりの企業やスタートアップ企業ベンチャー企業などに出資することが一般的です。ただし、組織的に営利目的で出資を行うベンチャーキャピタルとは異なり、エンジェル投資家は投資家自身の自由意思で出資を行います。そのため、起業したばかりの企業以外に出資する可能性もあると考えられるでしょう。

エンジェル投資家に出資してもらう3つのメリット

エンジェル投資家から出資を受けることは、企業にとっていくつものメリットがあります。主なメリットとしては、次の3つが挙げられるでしょう。

  1. 返済の義務がない
  2. 経営アドバイスを得られることがある
  3. 取引先などを紹介してもらえることがある

それぞれのメリットについて解説します。

1.返済の義務がない

エンジェル投資家は、融資ではなく出資という形で企業に資金を渡します。そのため、企業側には返済の義務がありません。

返済の義務がないことは、起業したばかりの企業にとって大きなメリットといえます。金融機関などから多額の融資を受けると、毎月の返済額も多くなるため、その分、事業に使える資金が減り、企業成長が阻害されることもあるからです。

2.経営アドバイスを得られることがある

エンジェル投資家によって、出資先の企業との関わり方が異なります。積極的に経営に関わるエンジェル投資家であれば、企業成長に役立つ有益なアドバイスが得られる可能性があるでしょう。エンジェル投資家の中には実際に起業経験があり、企業を大きく成長させてきた方もいるため、実践的なアドバイスや具体的なサポートを得られることもあります。

3.取引先などを紹介してもらえることがある

エンジェル投資家の中には、単なる経営アドバイス以上のサポートをする方もいます。例えば、人脈や取引先などを紹介し、より短期間で成長できるように手を差し伸べてくれることもあるでしょう。

エンジェル投資家ごとに出資先とのスタンスは異なります。出資を受ける前にどのようなスタンスでサポートしてくれるのか確認しておくと、より自社に合う関わりを築けるようになるでしょう。

エンジェル投資家の出資を受ける際の5つの注意点

エンジェル投資家から出資を受けるときには、いくつか注意すべきポイントがあります。特に注意したい点としては、次の5つが挙げられるでしょう。

  1. 上場を目指さないと出資を受けられないことがある
  2. 企業成長を期待される
  3. そもそも出資を受けられないことも多い
  4. エンジェル投資家が経営に参加することもある
  5. 出資額が少ないこともある

それぞれの注意点について、わかりやすく解説します。

1.上場を目指さないと出資を受けられないことがある

見返りを求めずに出資するエンジェル投資家もいますが、株式を受け取り、上場時に売却して利益を得ることを目的として出資するエンジェル投資家も少なくありません。

上場時の利益目的のエンジェル投資家であれば、元々上場する予定のない企業には出資をしないでしょう。上場を目指さない場合は、後でトラブルにならないためにも事前にエンジェル投資家に伝えておくことが必要です。

2.企業成長を期待される

利益目的のエンジェル投資家はもちろんのこと、名声目的のエンジェル投資家も、投資先の企業には成長を期待します。企業内の雰囲気や戦略、ビジネスモデルなどを総合的に見た結果、成長が見込めないとエンジェル投資家が判断するときは、出資は受けにくいでしょう。

また、エンジェル投資家が「この企業は成長するだろう」と考えて出資したときは、企業側には成長することが求められます。「成長しなくても細々と維持できれば良い」というスタンスで起業している場合は、エンジェル投資家の出資やサポートが負担になるかもしれません。

3.そもそも出資を受けられないことも多い

エンジェル投資家は数が多いわけではありません。一方、起業したばかりの企業は数多くあります。そのため、エンジェル投資家と出会う機会がない、あるいは出会うことができてもライバルとなる企業が多くて出資を受けられないことがあるでしょう。

またエンジェル投資家は、「自分自身も起業家である」「かつて起業家だった」という方も多いため、出資する企業を見極める際の基準は厳しいと考えられます。基準に合わないときは、たとえ利益や名声目的のエンジェル投資家でなくても出資を受けられないでしょう。

4.エンジェル投資家が経営に参加することもある

エンジェル投資家の中には、経営に参加することを条件として企業に出資する方もいます。役員会に参加するだけではなく、積極的な提案を行ったり、経営陣の意見をあまり尊重しないで自分自身のアイデアを強く主張したりすることもあるでしょう。

出資を受けた後に後悔することがないよう、契約時に経営についての条件を確認することが大切です。また、出資の条件にエンジェル投資家の経営参加が含まれているときは、どの程度関わるのか、企業にどれほど頻繁に訪れるのかなどについてもチェックしておきましょう。

5.出資額が少ないこともある

ベンチャーキャピタルは数億円単位で出資するケースもありますが、エンジェル投資家は個人で出資を行うため、出資額が少ないこともあります。エンジェル投資家から受け取った出資額だけでは創業資金や運営資金が不足する場合は、他の方法でも資金調達が必要になることがあるでしょう。

資金調達は、日本政策金融公庫や金融機関からの融資、国や自治体の助成金などの幅広い方法を検討することが必要です。数が少なく、なおかつ基準が厳しいエンジェル投資家からの出資は、最初から想定して予算を組むほどには確実性が高くないので注意しましょう。

▼より詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考ください。
「【資金調達の方法】各方法のメリットや注意点を法人・個人別に解説」

エンジェル投資家の探し方

エンジェル投資家がニュースや評判などから特定の企業に目を付け、自分自身で探し当てて出資をするというケースもあるかもしれません。しかし、「特許を取得した新技術があり、話題になった」「従来のビジネスモデルとは大きく異なる点に注目され、テレビの取材を受けた」などのケースではない限り、単に待っていてもエンジェル投資家に会うことは難しいでしょう。

エンジェル投資家から資金提供を受けたいときは、経営者自身が積極的に探す必要があります。エンジェル投資家を探す方法としては、次の3つが挙げられるでしょう。

  • 知り合いなどからの紹介
  • 起業家の交流会やイベント
  • マッチングサイト

それぞれの方法について、詳しく解説します。

知り合いなどからの紹介

エンジェル投資家を知っている方が身近にいる場合は、紹介してもらうという方法があります。経営者仲間の中には、エンジェル投資家から資金提供を受けたという方もいるかもしれません。

エンジェル投資家は投資家としての活動以外にも積極的に行っていることが多いため、基本的には多忙です。しかし、実際に資金提供をしたことがある経営者や、直接の知り合いから紹介された場合には、会う時間を作ってくれる可能性があるでしょう。

起業家の交流会やイベント

起業家が集まる交流会やイベントには、エンジェル投資家が参加していることがあります。特に利益や名声目的のエンジェル投資家であれば、成長しそうな企業を見つけるために積極的な活動をすると考えられるでしょう。

エンジェル投資家に出会いたい経営者は、起業家同士の集まりに意欲的に参加することもできます。エンジェル投資家に出会えなくても、エンジェル投資家を紹介できる経営者と出会えるかもしれません。

マッチングサイト

インターネット上には、経営者とエンジェル投資家をつなぐマッチングサイトもあります。条件でエンジェル投資家を選んで資金提供を申し込むことができるのも、マッチングサイトの特徴です。「経営に参加してほしい」「経営にはノータッチでいて欲しい」「上場を条件としないで欲しい」などの条件がある方も、エンジェル投資家を探しやすくなるでしょう。

しかし、中にはエンジェル投資家ではないのにエンジェル投資家のふりをして、資金をだまし取ろうとする詐欺師が潜んでいることがあります。信用できるサイト・相手かを見極めてから利用するようにしましょう。

マッチングサイトの利用に不安を感じるときは、エンジェル投資家に直接連絡を取る方法を検討してもよいかもしれません。エンジェル投資家の中にはSNSやホームページを開設し、経営者とコンタクトを取れるようにしている方もいます。SNSや検索エンジンを使い、エンジェル投資家を探してみましょう。

まとめ

エンジェル投資家から出資を受けることで、負債を増やさずに経営拡大を図ることができます。しかし、エンジェル投資家から出資を受けることは容易ではなく、また、出資を受けられた場合も予想よりも金額が少ない可能性もあるでしょう。

資金調達の方法は、エンジェル投資家だけではありません。金融機関からの融資や助成金などの幅広い方法を検討し、事業に必要な資金を準備していきましょう。

Moner Forward Kessai

【監修】マネーフォワードケッサイ株式会社

ファクタリングに関するお役立ち情報を、マネーフォワードケッサイ株式会社が提供いたします。ファクタリングサービス「マネーフォワード アーリーペイメント」は、お客様の所有する売掛債権(売掛金)を売却することで、一定の手数料を差し引いた金額を受け取ることができる2者間ファクタリングサービスです。

資金調達をご検討のスタートアップへ

「マネーフォワード トランザクションファイナンス for Startups」は売掛債権を売却していただくことで、最短翌営業日に資金化できるスタートアップのための新しい資金調達手段です。資金調達をご検討中のスタートアップは、ぜひご相談ください。