Article
お役立ち記事

売掛金回収なら請求代行がおすすめ!

2021-07-29

企業間取引では、売掛金を使って商売をすることが多いです。しかし、売掛金の意味や掛け商売に潜むリスクなど理解できていない方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、売掛金の意味、売掛金を回収するフロー、売掛金を確実に回収したい方におすすめしたい請求代行サービスをご紹介します。

目次

売掛金とは?

まず、売掛金とは何かをご説明します。

企業間の取引で発生する債権

売掛金とは、企業間の取引で発生する債権のことです。商品やサービスの提供時に現金を回収するのではなく、一定期間の取引をまとめて請求した後に一括で回収します。例えば、6月中の取引が10回あったとしたら、取引の都度請求するのではなく、6月分の取引をまとめて請求します。支払期日は締日から1カ月後に設定することが多いようです。この場合でいうと、7月末が売掛金の支払期日になります。

売掛債権の中で現金で回収するもの

売掛債権の中の一つが売掛金です。売掛債権には受取手形やでんさいなど、一旦現金以外で回収するケースもありますが、売掛金は売掛債権の期日に現金で回収する予定のものに限られています。

買掛金との相殺も可能

取引先間で売買の両方が発生するケースもあります。この場合、売掛金と買掛金を相殺することも可能です。

例えば、A社からB社への売掛金が500万円、買掛金が400万円としましょう。B社がA社に対して500万円を支払い、A社からB社へ400万円支払うのが通常の流れです。しかし、相殺を活用すれば差額の100万円分の売掛金をB社からA社に支払ってもらうことで2者間の決済は完了します。

掛け取引をしていいかは与信管理をする必要がある

日本の商取引では掛け売りが基本ですが、掛け売りをしていいかは与信管理をする必要があります。売掛先企業が業績不振となり、予定していた売掛金が回収できなくなり、貸し倒れてしまう可能性があるからです。売掛先企業に対する与信管理を怠らずに行うのは大切ですし、売掛先が集中しないようなリスク管理をおこないましょう。

売掛金を回収するフロー

それでは、売掛金を回収するフローについてご説明します。

売掛金が確定したら請求書を発行

売掛金は、1カ月分の取引をまとめて請求することが多いです。1カ月分の取引が確定したら請求書を作成します。

請求書を送付

請求書を作成したら取引先へ送付します。郵送の送付やメールでの送付など、様々な送付方法があります。

売掛金の支払い期日に売掛先からの入金を確認

売掛金の支払い期日になったら、売掛先からの入金があるかを確認します。請求通りに振り込まれていない可能性もありますので、請求金額と入金額が一致しているかは必ず確認しましょう。

入金が確認できない場合には催促

売掛金の期日に入金が確認できない、入金金額が間違っているという場合には売掛先企業に連絡をしましょう。特に売掛金の回収見込みで支払い計画を立てている場合、資金繰りがひっ迫してしまいますので、なるべく早く対応してもらうように依頼します。

売掛金を確実に回収したいなら請求代行サービスがおすすめ

掛売りを活用した取引は便利ですが、リスクもあるのは事実です。リスクを回避するために利用したいサービスについてご紹介します。

売掛先企業の業績が傾けば売掛金が回収できなくなるリスクがある

売掛先企業の業績が傾き、売掛金が回収できなくなるケースも大いにあります。売掛金が回収できなくなれば、自社の資金繰りを圧迫し、最悪の場合は連鎖倒産になるリスクが発生します。掛売りをする以上、与信管理は不可欠ですし、売掛金が回収できなくなることも見越して支払い計画を立てておくことが必要です。

確実に回収したいのであれば請求代行サービスの利用がおすすめ

売掛金を確実に回収したいのであれば、請求代行サービスの利用がおすすめです。請求代行サービスの与信審査を通過していれば入金が保証されます。それだけではなく、与信審査、請求書の発行・送付・入金管理・振込もしてくれるので、経理担当者の負担を大幅に軽減する効果が期待できます。与信管理に割く時間がない、自己資本に余裕がなく、確実に売掛金を回収したいという場合には、請求代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

掛け売りで取引をすることで、売掛先企業の状況によっては回収リスクが発生します。売掛金が回収できなくなれば、支払い予定の支払いができなくなり、最悪のケースでは資金繰りの悪化から連鎖倒産になってしまうでしょう。自己資本が豊富にあれば、売掛金の回収ができなくても企業が存続できる可能性がありますが、中小企業の場合は未回収が経営に致命的なダメージを与える場合があります。

売掛金を確実に回収したいのであれば、請求代行サービスの利用がおすすめです。請求業務の効率化にもつながりますので、利用を検討してみてください。



「請求代行」お役立ち資料ダウンロード

請求業務の効率化に役立つ資料や「マネーフォワード ケッサイ」のサービス紹介資料を用意しています。

そのほかの記事