CASE
ご利用事例

アーリーペイメントを活用して、
資金繰り改善・事業成長につなげた事例をご紹介

内装施工企業さま

業種

内装施工業

設立

約15年

所在地

東京都

年商

約10億円

事業概要

大手商業施設や各種店舗、住宅の内装施工を行う。

ご利用の背景

  • 案件着手から完了までが数か月、その後請求から入金まで1ヵ月と、代金回収までの期間が長い。一方で、先行して外注加工費・材料費などの支払いが発生する状況。
  • ある程度のキャッシュは確保しているものの、複数の大型案件を受注した際に支出が膨らみ、資金繰りに懸念がある。

マネーフォワード アーリーペイメントのご利用を決めた理由

  • 01
    融資枠の拡大を検討したものの、大きな増枠は難しいとのフィードバックをうけていた。その為、突発的な資金ニーズに対応できる資金調達手段として検討した。
  • 02
    ファクタリングの手数料は高く、利益が大きく圧迫されるイメージがあったが、アーリーペイメントは手数料率も安く、活用できると判断した。
↓

サービスご利用による成果

  • 長期間の案件による外注加工費・材料費の支払いが発生しても、短期で資金調達ができ、資金繰りの課題が解決した。
  • 突発的に大型案件を受注した際でも、手元キャッシュを一定水準保つことができ、追加の案件受注に備えることができた。

ご利用実績

買取債権金額

約1,500万円

手数料

約4.00%

早期資金化サイト

約50日

債務者

中堅施工企業

ご利用前

先行する加工費用・材料費の支払いにより資金繰りに追われる

先行する加工費用・材料費の支払いにより資金繰りに追われる先行する加工費用・材料費の支払いにより資金繰りに追われる
↓

ご利用後

売掛金の早期資金化により迅速に資金を調達、資金繰りが安定した

売掛金の早期資金化により迅速に資金を調達、資金繰りが安定した売掛金の早期資金化により迅速に資金を調達、資金繰りが安定した

資料請求・お見積り依頼

まずは、お気軽に資料請求、無料のお見積りをご依頼ください。

そのほかの事例