Article
お役立ち記事

与信とは?請求代行サービス利用で与信リスクを減らそう!

2021-07-29

与信という言葉は聞いたことあるが、あまり意味を理解していないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、企業間の取引では与信審査を行うことで安全に取引が行えるようになるため、きちんと理解しておく必要があります。

この記事では、与信の意味や供与するメリット、与信管理で気をつけるポイントをご紹介します。

目次

与信とは?信用を供与するメリットとは?

まず、与信という言葉の意味と、供与するメリットについてご説明します。

与信とは信用を供与すること

与信とは、信用を供与することを意味しています。わかりやすい例が、銀行が取引先を信用してお金を貸す行為です。私たちの普段の生活にも信用を供与されているケースはあり、クレジットカード決済で後払いができるのが該当します。

掛け売りの取引は与信が発生している

企業間取引は掛け売りが基本です。取引先企業に対して、支払い能力があるか審査を行い、取り決めた金額までの役務やサービスを後払いで提供することが多いです。

信用を供与することで取引の活性化に期待できる

取引の都度、現金取引をするのは売り手・買い手の両社にとって手間です。そのせいで取引ペースが増えない可能性もあります。そのため、信用を供与し、掛け払いを行うことで取引が効率化し、取引の活性化につながるという効果にもつながります。

与信管理で気をつけること

企業間での掛売り取引で発生するリスクを回避するために欠かせないのが、与信管理です。次に、与信管理で気をつけることについてご説明します。

売掛先企業の信用情報を定期的に確認する

売掛先企業の信用情報は、定期的に確認する必要があります。取引を始めた段階では業績が好調でも、だんだん悪くなっているケースもあるためです。最低でも1年に1度は決まったタイミングで確認することをおすすめします。

売掛先企業を一部に集中させない

売掛先企業を一部に集中させないことも、与信管理では不可欠です。例えば、取引を1社に集中させていて、その取引先が倒産した場合には、連鎖倒産につながってしまう可能性があるからです。

定量的だけではなく定性的な判断もする

与信管理では、決算書が受け入れることができる場合には決算書の内容や、外部調査機関からのデータを見て行います。ただし粉飾決算を行って、データ上ではよく見せている可能性が考えられるため、データだけで判断するのは危険です。できれば、売掛先企業の経営者と定期的に面談を行い、従業員が大きく入れ替わってないか、会社から高価なものが売却されていないかなどの動きの有無を確認することで、企業の不審点に早く気付くことができます。与信管理では定量的な判断だけではなく、定性的な判断もするようにしましょう。

請求代行サービスで与信業務を任せることができる

売掛先企業の与信管理は手間がかかりますが、与信管理を誤ると売掛債権を回収することができずに大きな損失を被る可能性があります。ここでは、与信業務を代行してくれる請求代行サービスを利用するメリットをご紹介します。

請求代行サービスを利用すれば信用リスクを減らせる

請求代行サービスは、与信審査から、請求書の発行・売掛債権の回収までを代行してくれるサービスです。万が一、売掛先企業が貸し倒れてしまい、売掛金が回収できなくなったとしても、請求代行サービスが売掛金を保証します。そのため、新規の取引先を開拓しやすくなるでしょう。また、売掛金の保証をするにあたり、請求代行サービスがサービスの利用者に代わり、与信管理までも対応してくれます。

限度額が設けられる点には注意が必要

請求代行サービスは、万が一売掛先企業が貸し倒れた場合にも、入金が保証されます。そのため、売掛先企業の信用力に合わせて限度額を設定されています。もし、売掛先が商品を大量購入したい場合でも、限度額があることにより取引内容が制限されてしまう可能性もあるので、その点は注意が必要です。一部のサービスでは、急遽取引量が増えた際にも対応できるように与信枠の増枠も可能になっています。

まとめ

与信を供与することで商取引が活性化しますが、万が一売掛債権の回収ができなければ、連鎖倒産になるリスクがあります。そのため、売掛先企業に対する与信管理は必要不可欠です。しかし中小企業などのリソースが少ないケースでは、与信管理に時間が割けないケースもあるでしょう。そこで、請求書周りの業務だけでなく与信管理までも代行してくれる、請求代行サービスを利用することで、他の業務に集中できます。与信管理に時間が取れない、自信がないという場合には、請求代行サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


「請求代行」お役立ち資料ダウンロード

請求業務の効率化に役立つ資料や「マネーフォワード ケッサイ」のサービス紹介資料を用意しています。

そのほかの記事