MF KESSAIの導入事例

株式会社リグシーさま

カスタマーサクセスリーダー 大宅夏実 様
MF KESSAIは入力がとても簡単で、半日以上かかっていた請求業務がなくなり、本来の業務に集中できるようになりました。
導入の背景

導入の効果
今回の質問内容

「契約書にまつわる作業の効率化を図るクラウドサービスを提供しております。」

株式会社リグシー様はどういった事業を行われていらっしゃいますか?

リグシーは契約書のクラウドサービスである『Holmes』を提供しております。 『Holmes』は契約書にまつわるすべての工程におけるコミュニケーションを一元化することで様々な非効率・不合理を解消するサービスです。これにより管理部門の「単純で苦痛な作業」を減らすための手助けができればと思っております。

最近は契約書に関して「やっぱり面倒」、「やり取りが煩雑化しているから簡易化したい」という声が高まっていて、契約書業務に苦しんでいらっしゃる方が多いのだなと思っております。その煩雑さを解消するのに『Holmes』をぜひ活用いただけたらと思います。

「入金確認や請求書発行が時間的・精神的に負担になっていました。」

MF KESSAI導入以前の課題を教えてください。

入金確認、請求書発行などに時間を取られ本業であるカスタマーサクセスに専念できないという問題がありました。請求業務はカスタマーサクセスと兼務で行っており、請求する代金の確認、送付先の確認、請求書発行に半日、忙しいときは1日中かかっていました。もし振り込まれてなかったら督促業務もあったので、カスタマーサクセスにあてる時間が月末はかなり削られているという状態でした。

入金確認についてはさらに精神的負担もありました。上司に入金の有無を尋ねられた時、すぐにわからなければ作業が中断されてしまうので、常に入金状況を把握していなくてはならないというプレッシャーがありました。そもそも私は請求業務に専門性を持っているわけではないので、手探りで請求業務を行っていたというのもありました。

またMF KESSAI導入前はクレジットカードでの支払いが基本だったのですが、取引先様によっては請求書払いが必須というところもあり、その場合は個別に作ってお送りしていました。そのため支払い方法を企業ごとに請求書かクレジットカードか確認する必要があり、これも大変でした。

「請求業務を丸投げできたことで時間的・精神的に余裕が生まれ、本業に集中できるようになりました。」

MF KESSAIを導入して、それらの課題は解決しましたか。

はい、請求にかかる手間が一気に省けました。一度MF KESSAIに請求依頼したら、入金確認をする必要がないので時間的にも精神的にも楽になりました。請求書も案件ごとに宛先や金額が違うため、1つ1つ作成しては代表の確認をもらわなければならず大変な手間でした。しかし今はエクセルでまとめて確認してもらえるので、請求書作成とチェックの手間が一気になくなりました。

またMF KESSAIの導入により、請求方法が請求書かクレジットカードか、企業ごとに確認する手間も省けました。こうしてできた時間を本業に充てられるので、より一層サービスの向上に時間を使えるようになりました。

正直導入前は、入力や請求依頼が難しいのではないかという不安もあったのですが、十分なサポートもあり、一度やればスラスラできるようになりました。

「AIの導入やMF KESSAIとの連携によって、より一層契約書業務の簡易化を図っていきます。」

今後の展望についてや、MF KESSAIの先輩ユーザーとして何か一言あればお願いいたします。

リグシーとしてはもっと契約書業務を簡単にするというところにフォーカスしていきたいです。今は管理部門の方がメインですが、営業や経営者の方を巻き込んで全体的な簡易化をしていきたいです。あとはAIによる契約書の自動チェックを導入したりスピード感を持たせていきたいなと思います。

MF KESSAIを導入することによって、自分の請求業務の時間を他の業務に充てることができたのですごいメリットを感じています。請求業務について詳しくない方でも簡単に活用できると思いますのでぜひ皆さん導入することをお勧めします。

株式会社リグシー

「世の中から紛争裁判をなくす」をモットーに契約書のクラウドサービス『Holmes』を提供。主に契約書の電子化により作成・締結・管理を一元化し、契約書にまつわるあらゆる作業を効率化するサービスです。

https://www.holmes-cloud.com​

後払い導入、請求業務の効率化。少しでも気になった方、ぜひお問合わせください。

資料請求はこちら