MF KESSAIの導入事例

株式会社マッコイさま

マーケティング部 竹田大将様
軽減税率に対応済みの請求代行サービスであることが導入の決め手でした。
導入の背景

導入の効果
今回の質問内容

「新たな受注チャネルとしてBtoBの直販ECサイトを確立しました。」

御社の事業内容を教えてください。

弊社は、エステサロン向けの化粧品の製造、卸を中心とした事業を行っています。

美容アイテムとして数々の企業様から多種多様な商品が発表されている中で、「しっかりと弊社の価値観や情報を直接お届けしたい」という思いから、現在は直販に注力しております。

そのため、直販限定の商品の製造や、ECサイトの立ち上げなどに力を入れています。その結果、直販の比率も増えてきています。MF KESSAIはサロン向けのECサイトにおける決済手段として利用しています。

「請求業務の負担や、10%程度発生する未入金リスクに悩まされていました。」

なぜMF KESSAIを導入されたのですか?

決済サービス導入以前は、掛け売りをするにあたって多くの問題がありました。経理が請求書発行、入金チェックを行い、未入金があった場合は営業が電話で督促を行っていました。複数部署が関わる作業のため、請求業務に多大なリソースを割かなければなりませんでした。

また、代金が未回収になるリスクも懸念していました。実際に未入金となってしまう場合もあり、それが長期化しているお客様もいました。今後直販の取引を増やしていくうえで、未入金リスクがさらに拡大する可能性もあったため、請求業務を外部委託し、未入金リスクを低減できるサービスを利用することを決めました。

「複数税率への対応と、利用中の受発注システムの連携が決め手でした。」

MF KESSAIを選んだのはなぜですか?

以前は別の決済代行サービスを利用していたのですが、発行される請求書内で、軽減税率と通常税率の商品を分けて表記することができませんでした。そこで、税率の区分表記に対応できる決済代行サービスとしてMF KESSAIを導入しました。

また、弊社がECサイト構築に利用しているWeb受発注システムのBカートとAPIで標準連携していることも、MF KESSAIを選んだポイントの一つです。

税率改正など新しいことに迅速に対応しているので、今後なにか変更が生じた際でも柔軟に対処していただけるのではないかという期待感もありました。

「初回取引でも掛け売りが実現し、お客様にも満足してご利用いただけています。」

MF KESSAIを導入していかがでしたか?

請求業務に割くリソースを大幅に削減でき、請求書発行から督促までにかかっていた時間を他業務に充てることができるようになりました。

導入は非常にスムーズで、サービス切り替えにあたっての変更点などの不安はすぐに解消されました。受発注システムとの連携もボタン一つで簡単に実現できました。

受発注システム導入以前は、決済について、初回は掛取引ができないなど、弊社にとってもお客様にとっても余計な手間が発生していました。受発注システムと決済代行サービスが連携していることで、初回から掛取引ができるようになり、お客様への案内もしやすくなりました。

与信審査のスピードや通過率も問題なく、ストレスを感じません。サービス切り替えに際してお客様からの問い合わせなどもなかったので、対顧客面でも満足にご利用いただけている印象です。

「MF KESSAIの導入は、請求業務の手間や、未入金リスクなどの経営課題を解決できます。」

最後に、今後の展望と導入を検討されている企業様へのメッセージをお願いします。

弊社はボディケア商品の販売を中心に成長してきた会社ですが、今後は基礎化粧品の分野にも力を入れるなど事業を拡大していきたいと考えています。現在BtoB ECには1,100社ほどのお客様が登録されていますが、この数をより増やしてさらに業務を効率化していくことにも力を入れていきます。

請求業務の手間や未入金リスクを抑え、効率的な業務運用や営業活動にリソースを割きたい企業様は、ぜひMF KESSAIを導入して課題を解決していただきたいです。

株式会社マッコイ

マッコイはエステサロン専売化粧品の製造・卸を行うメーカーです。美容業界誌で殿堂入りを果たした「ノンFシリーズ」、国産高純度の幹細胞培養上清液配合の「マクセリーシリーズ」を筆頭にサロン様に喜んでいただける商品作りを心がけています。

http://www.mccoy-nonf.com​

後払い導入、請求業務の効率化。少しでも気になった方、ぜひお問合わせください。

導入事例をまとめてダウンロード 資料請求はこちら