MF KESSAIの導入事例

株式会社Hubbleさま

代表 早川晋平 様
事業成長を考えると、リスクヘッジができ、コストも低いMF KESSAIの導入はマストです。
導入の背景

導入の効果
今回の質問内容

「法務担当者向けに、ドキュメントのバージョン管理システムを提供しています。」

御社の事業内容を教えていただけますか?

法務ドキュメントのバージョン管理システム「Hubble」の開発・運用を行っています。法務は企業の中でも担当人数が少ないことが多く、会社ごとの専門的な知識や情報が共有されにくいことが問題です。

我々はこの問題を、リーガル業界向けにGitHubのようなシステムを提供することで解決しようと考えています。わかりやすくいうと、法務の方がよく利用されるWordドキュメントをHubble上で簡単に共有・編集できるようにしています。さらに、ドキュメントの変更点や過去の意思決定、それに伴うコミュニケーションなどが自動で記録されるため、誰でも簡単に知識や情報を蓄積・共有が可能になり、バックオフィス業務の効率化を実現しています。

リーガル領域でのシステムについては、以前は自社運用のシステムを単発で作ることが大半でした。しかし、現在では、法務部門であっても、クラウドやサブスクリプションモデルに対して全く抵抗がないという企業様が増えてきています。

「前職で督促業務に頭を悩ませていたので、その負担をゼロにしたいと思っていました。」

MF KESSAIを導入する以前に、請求業務で何か課題はありましたか?

以前勤めていた会計事務所で、督促や消込の作業は一番苦労した業務でした。手間もかかりますし、督促業務は精神的にも大きな負担があります。サービスを開発するにあたって、督促業務に悩まされることは避けたいと思っていました。そのため、サービスを提供開始してすぐに、決済代行を利用すると決めていました。

元々マネーフォワードのサービスが好きで、そのグループ会社が決済代行サービスを展開すると聞いて、MF KESSAIを知りました。他の決済代行サービスとも比較をしましたが、手数料が安かったことに加えて、実際のMF KESSAIのサービス画面を触った時に、とても使いやすかったことも決め手のひとつです。

また、今後、サービスの拡大と共に、現在使っているCRM(顧客管理)システムとの連携を考えています。MF KESSAIはAPIを利用したCRMとの連携により、長期的に見ても、我々の希望に柔軟に対応できると感じました。

「入金管理が簡単で、督促業務をしなくて良い点が大きなメリットです。」

実際にMF KESSAIを利用した請求業務はいかがですか?

やはり、未入金の回収をしなくていいというのが一番のメリットです。悩みの種だった督促業務を代行してもらえて、さらに入金保証もされているというのは、代えがたいありがたさです。入金状況についても、管理画面のダッシュボードから一目で確認できることがすごく便利ですね。

現在のHubbleでの決済手段は、MF KESSAIによる請求書払いのみです。クレジットカード等の対応も考えられるのですが、Hubbleはサービス提供開始からまもなく、様々な変更等もある段階なので柔軟に対応できるMF KESSAIを利用しています。

運用の部分でいうと、我々はバックオフィス業務をほとんど全て外注しているので、経理の専任はおらず、請求業務はマーケターが兼任しています。それでも、勉強会を開催したり、特別な教育をしたりする必要もなく、すぐに使うことができています。

また導入前は、MF KESSAIから請求書が送付されてくるのでお客様からの問い合わせ等が増えるのではないかとという不安がありましたが、それも一切なく運用できています。

「将来の会社のことを考えて、早くから決済の構築を進めることをおすすめします。」

最後に、今後の展望と導入検討中の企業の方へメッセージをお願いいたします。

我々はこれから取引先企業様を増やしていくフェーズです。リーガルテックは未開拓の領域なので、我々が新しく市場を切り開いていきたいと考えています。また、Hubbleは、面倒臭さを格好よく解決することを目指してやっていきます。そのため、あまり多機能化はせず、我々が解決を目指す領域だけにフォーカスして、それ以外は色々な会社と連携していきたいです。

今、プロダクトの開発を進めていて、決済システムをどうしようか悩んでいる方たちは、出来る限り早くから決済システムの構築を進めておいたほうがいいです。後から請求業務や督促業務のためだけに予定外の増員をするなど、余計な手間をかけないためにも、コストやリスクの低い決済代行の導入はマストではないかなと思います。将来の会社のことを考えて、MF KESSAIの導入をおすすめします。

株式会社Hubble

「誰かのために専門知識を蓄積する」法務ドキュメントのバージョン管理システム「Hubble」を提供。法務において、専門的な知識やドキュメントの過去の変更点やそれに伴う意思決定の過程などが共有されない問題をデータベース化することで解決します。自分たちが良いと確信するものを作り、無理なく専門知識の蓄積・共有を行える世界の実現を目指していきます。

https://hubble-docs.com​

後払い導入、請求業務の効率化。少しでも気になった方、ぜひお問合わせください。

導入事例をまとめてダウンロード 資料請求はこちら